持続可能な社会の実現に向けて

イトーキが考える持続可能な社会のために

企業コンセプト

方針

CSR方針

イトーキグループは「人も活き活き、地球も生き生き」する持続可能な社会の実現に貢献します。

イトーキグループは、バリューチェーンのあらゆる段階において、人権や労働慣行、気候変動への対応などさまざまな社会的責任を果たしてまいります。そして『明日の「働く」を、デザインする。』変革活動のもと、今までにない製品・ソリューションを通じて新しい価値を提供することで、お客様の働く「空間」「環境」「場」づくりを実践していきます。

CSR行動計画
  1. コーポレート・ガバナンス
    イトーキグループは、事業戦略と一体化したCSR 経営を推進し、社会と事業の持続可能な発展を目指します。CSRを企業価値創造のための重要な経営課題と認識し、取り組みます。
  2. 労働慣行・健康経営
    イトーキグループは、公正で健全な労使関係の推進と、多様な人財の個性を活かす環境を整備し、仕事にも健康にも良い行動の推奨により、ココロとカラダの健康増進を促し、健康経営の実現に向けたプロセスを社内外に対してトータルサポートします。
  3. 腐敗防止と公正な取引
    法令順守はもとより、ステークホルダーの皆様と腐敗を許さないより公正で透明な関係を築く基盤となるコンプライアンス推進体制を構築するとともに、グループ全体のコンプライアンス意識の強化・徹底に取り組みます。
  4. ステークホルダー・エンゲージメント
    イトーキグループは、社内外のステークホルダーの皆様との対話と、それぞれの発展への積極的関与により、イトーキグループに対する理解を深め、成長への期待感を高め、双方の価値向上に努めます。
  5. 人権
    イトーキグループは、すべての人が「活き活き」するため、すべての事業活動、およびすべてのサプライチェーンの関わりにおいて、人権の尊重に取り組みます。
  6. ダイバーシティ&インクルージョン
    イトーキグループは、働くすべての人がお互いのバックグラウンドを尊重し合える組織、環境、風土がある職場づくりを進めます。
  7. 環境
    イトーキグループは、事業活動のすべての領域で限りある資源の有効活用と生物多様性の保全および地球環境への負荷の低減を図り、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
  8. 調達
    イトーキグループは、サプライヤーの皆様と労働環境および児童労働・強制労働を含む人権尊重に配慮するとともに、環境負荷低減と生物多様性の保全に向け、製品・サービスの開発段階から持続可能な調達に取り組みます。
  9. 情報開示
    イトーキグループは、関係法令や適時開示規則の遵守に留まらず、ステークホルダーの皆様にイトーキグループへの理解を深めていただけるよう、適時・適切な情報開示に取り組みます。
  10. 情報セキュリティ
    イトーキグループは、経営に係る情報の適切管理はイトーキグル―プの社会的責務であり、プライバシー保護を含めた、情報セキュリティ管理体制の継続的な強化により、社会からの信頼を得られるよう努めます。

環境方針

当社の企業理念に基づき、以下の環境方針を定めます。

イトーキグループは、生き生きと持続する美しい地球と、活き活き活動する人びとが暮らす自然豊かな社会を未来に引き継ぐため、地球環境問題が経営上の最重要課題であると認識し、事業活動の全ての領域で限りある資源の有効活用と生物多様性の保全および地球環境への負荷の低減を図り、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

行動指針
  1. 地球環境と人に配慮した製品・サービスおよび空間デザインを提供します。製品開発においては、ユニバーサルでエコを基軸としたものづくりによる製品の「Eco(エコ)・プロダクト」化を推進します。
  2. 日常の業務に環境活動を取り込み、地球環境の保全と汚染の予防に努めます。
    1. 省資源 省エネルギーおよびリサイクルの促進
    2. 有害物質の管理の徹底と使用量の最小化
    3. 地球温暖化ガス(CO2)および環境汚染物質の管理による放出量の最小化
    4. グリーン調達、グリーン購入の促進
    5. 地球環境負荷の低減に資する技術の研究・開発
    6. 生物多様性の保全
  3. 環境関連法規制等、その他当社が同意する規制・協定等を順守します。さらに自ら環境基準を定め、これを順守します。
  4. 要員一人ひとりに環境方針を周知させるとともに 計画的な教育・訓練を通じて環境意識の向上を図り、業務に反映できるよう人材を育成します。
  5. 環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

人権方針

イトーキグループは、全ての人が「活き活き」するため、全ての事業活動が人権を尊重することで成り立っていると認識し、次の通り「イトーキグループ人権方針」(以下、本方針という)を定めます。

適用範囲

本方針の適用範囲は、株式会社イトーキおよびイトーキグループ全体の役員および従業員とします。

人権についての基本的な考え方

イトーキグループは、全ての人が「活き活き」するため、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」の考え方に基づき、全ての事業活動、および全てのサプライチェーンの関わりにおいて、人権の尊重に取り組みます。

  1. 人権の尊重
    イトーキグループは、あらゆる場面において、お客様をはじめとする全てのステークホルダーの基本的人権の尊重に取り組みます。
  2. 差別の禁止
    イトーキグループは、他者に対して尊敬の念を持って接し、性別、年齢、国籍、障がい、雇用形態や働き方、習慣、価値観、LGBT等を理由とする差別的行為を行いません。
  3. ハラスメントの禁止
    イトーキグループは、人権を傷つける言動や行為(全てのハラスメント)を一切行いません。
  4. 従業員の基本的な権利の尊重
    イトーキグループは、労働における基本的原則および権利を尊重し、従業員との対話を通じて働きがいのある職場づくりに取り組みます。
  5. 安心・安全への配慮
    イトーキグループは、従業員が心と身体ともに健康で、安心して働ける職場環境の確保に取り組みます。
  6. 強制労働および児童労働の禁止
    イトーキグループは、強制労働や児童労働を行いません。また、サプライチェーンにおいても加担しないように取り組みます。
  7. 教育の浸透
    イトーキグループは、全ての事業活動において本方針が浸透するよう、適切な教育と研修の実施に取り組みます。

人権尊重の責任を果たすために人権デューディリジェンス

イトーキグループは、人権デューディリジェンスのプロセスを通じて、人権への負の影響を特定し、人権リスクを軽減するよう取り組みます。

  • ステークホルダーとの対話
    イトーキグループは、実際のまたは潜在的な人権に対する負の影響について、関連するステークホルダーと対話を行っていきます。
  • 救済・是正
    イトーキグループは、自らの事業活動によって直接的または間接的に人権に対する負の影響を及ぼした場合、適切な手段を通じて救済・是正に取り組みます。
  • 教育・研修
    イトーキグループは、自らの事業活動において本方針が理解され、浸透するよう適切な教育・研修を行います。
  • 情報開示
    イトーキグループは、本方針に基づく人権尊重の取り組み状況について、ウェブサイト等にて適切に情報開示を行います。

品質方針

当社の企業理念に基づき、以下の品質方針を定めます。

「顧客のニーズと社会の期待に応え、
感動を分かち合える製品とサービスを提供します。」

以下の事項を活動の重点とし、全員が、『明日の「働く」を、デザインする。』の実現に貢献します。

  1. 世界の市場を見据え、顧客のニーズを掴み、社会の期待に応える機会を先見し、製品安全を確保するとともに、スピーディーな製品開発に結びつけます。
  2. 製品およびサービスの引合いから引渡し、並びに引渡し後の活動を通じて、関係する全ての部門が確実に責任を果たすとともに、部門間の連携を強化します。
  3. 顕在化した不適合に対して確実な是正処置を行うと共に、 製品およびサービス提供に関わるリスクを予見し、対応をスピーディーに行います。
  4. 製品およびサービス提供に関わる仕事には、その業務の遂行能力と適格性を持った人員を配置します。技術やノウハウの獲得また研さんに努め、共有・継承し、人財を育みます。
  5. 「素早く、無理なく実行でき、効果に結びつく」品質マネジメントシステム を目指し、その内容と運用方法を継続的に改善します。

調達方針

イトーキグループは、サプライヤーの皆様と労働環境および児童労働・強制労働を含む人権尊重に配慮するとともに、環境負荷低減と生物多様性の保全に向け、製品・サービスの開発段階から持続可能な調達に取り組みます。

  1. 法令を順守し、人権尊重・環境保全・労働安全に配慮した公正な取引を行います。
  2. 品質・価格・納期・技術力・経営内容・持続可能な社会への貢献などの視点から調達先を選定する、公平な調達活動を推進します。
  3. 国内外のサプライヤーの皆様と良好なパートナーシップを構築し、相互協力・信頼関係を深め、相互の発展を目指します。
  4. 調達活動を通じてコミュニケーションを促進し、共存・共栄の実現に取り組みます。

マテリアリティ(重要課題)

イトーキでは4つのマテリアリティを特定し、事業活動を通じて取り組みを進めています。このマテリアリティは不変的なものではなく、今後社会課題や事業環境の変化をふまえて随時見直してまいります。

  1. 働き方改革
  2. 社員の心と身体の健康
  3. イノベーション
  4. 環境経営

マテリアリティ

マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティマップ

マテリアリティマップ

KPI

2030年までのKPI目標

「イトーキSDGs宣言」をブレイクダウンし、SDGsのゴールである2030年までにイトーキが達成すべき中期目標として設定しています。

2030年までのKPI目標と2019年実績

PDF版はこちら

2020年の目標と実績

重点テーマ 2020年KPI 2020年実績 評価
マテリアリティ1
働き方改革
ウエルネスの実行と展開 WELL認証対応インテリアの販売強化、空間提案 名古屋SRおいてWELL-WORKPLACEを実施、顧客に訴求
グローバル・ジェンダー平等を意識したプロダクト開発 様々な場所にマッチしたエルゴノミクスインテリアの開発 自席周りは心地よく、コラボレーションエリア・リフレッシュエリア等にもは働きやすさを採り入れたブラウンレーベルのリリース
地理的デメリットのない働く場づくり ITでPJ推進が可能な空間システムの開発提案 自宅とオフィスをシームレスにつなぐコラボスペースとインテリアを展示(特許申請中)
生産性を最大化する働き方の実践と展開 ABWによる集約的労働スタイルの変革 XORKにWITHコロナ・Afterコロナプロトタイプの構築。大阪SRでのAAO展開による顧客への訴求
https://www.itoki.jp/solution/aao/
誰もが安全に働ける場づくり Well-beingや、災害リスクに配慮したオフィス構築 コロナ対応ソリューションのXORK展開
インプットとアウトプットが誰でも平等な働く場の構築
  • 長期休暇にも関係なく教育の場が与えられスキルに差が出ない
  • グローバル基準のオフィス構築により誰でも平等に成果がだせる
  • WEB配信を効果的に行えるスタジオの構築、品質の高いウェビナーの実施
  • 名古屋SRにおけるグローバル基準のABWの実施
マテリアリティ2
社員の心と
身体の健康
女性管理職比率 女性管理職比率8% 女性管理職比率8.2%
障がい者雇用の推進 2.3%以上 2.24% ×
外国人財の積極採用
  • 国籍にとらわれない採用の促進
  • 外国人財が安心して働ける職場環境の整備
新卒採用:0名
キャリア採用:0名
在籍者数:14名(2020年12月末時点)
外国籍人財の活躍・コミュニケーションの社外への情報発信
柔軟で多様な働き方の促進
  • ジョブリターン制度の導入
  • 介護離職ゼロ
  • シニア活用制度改革
  • 男性育休の推進
  • ジョブリターン制度導入3月
  • 介護離職ゼロ
  • シニア活用制度検討中
  • 男性育休取得率:20.8%
社員満足度調査 ES調査実施、効果検証、対応策の実行 前年ES調査結果に基づく経営者対策会議実施と施策実行
健康経営の推進
  • 執行役員の禁煙率100%
  • 「ホワイト500」の連続認定
  • メンタルヘルス研修の実施
  • 執行役員「任命書/就任承諾書」に禁煙を含めた健康増進を明記
  • 「ホワイト500」の4年連続認定
  • 管理職研修にてメンタルヘルス研修を実施
休業災害/不休業災害 ゼロ 休業災害:3件
不休業災害:1件
×
こころの健康 社員が安心して働くことができるための施策検討・実行
  • キャリアデザインシートのWeb化と上司面談実施
  • 人事部によるキャリア開発面談全正社員実施
有給休暇取得率 取得率:57.6% 取得率:48.4% ×
マテリアリティ3
イノベーション
社会課題解決に貢献する技術 新規研究企画:年間4件以上 新規研究企画:4件
  • ニューノーマル働き方
  • オンライン遠隔ワーク<5G通信・ICTAV>(2件)
  • 高等教育の高度化(EdTechデジタル改革:DX)
  • オンライン協調学習技術(2件)
ベンチャー企業、スタートアップ企業との積極的な協業推進 新技術パートナーとの共同企画の実行:4件 新規技術を応用したソリューション企画と実証共同研究の実行(4社)
  • 遠隔通信・5G(1件①)
  • カメラデータ分析(1件②)
  • データ連携技術(2件③④)
イノベーション人財の育成と支援 イノベーション推進のイベントやプログラムの推進:年間4件以上 4件実行
  • イノベーション推進イベント(2件)
  • 変革リーダー人財育成プログラム(2件)
開放特許によるイノベーション支援 ライセンス契約:1件 1件実行
  • 静岡県浜松市・フクダサインボード社が製品化し、上市
マテリアリティ4
環境経営
CO2排出量の削減 Scope3全体
  • 2013年比 2%削減
Scope1+2
  • 2013年比 20%削減
Scope3全体
  • 2013年比 3.5%削減
Scope1+2
  • 2013年比 23.9%削減
生物多様性の保全 環境配慮に関する製品やサービスの拡充と販売促進
  • 製品アセスメントの実施
  • グリーンガード商品の販売 :46製品
廃棄物の削減 産業廃棄物の削減
  • 前年比1%削減(原単位)
産廃リサイクル率
  • 99.5%以上
産業廃棄物の削減
  • 前年比15.2%削減(原単位)
産廃リサイクル率
  • 98.5%以上
水使用量の削減 前年比1%削減(原単位) 前年比15.7%削減(原単位)
化学物質の削減 2015年比5%削減 2015年比32.9%削減(原単位)
化学物質の管理 SDS(MSDS)一覧管理実施率:100% SDS(MSDS)一覧管理実施率:100%
汚染防止 排水法規制基準の順守(自主規制値含む) 順守率:100%

イトーキとSDGs

イトーキは、2015年に国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」を国際社会と協調して達成すべき目標と捉え、事業活動やCSR 活動を通じてSDGsの目標達成に貢献していきます。また決意表明として「イトーキSDGs宣言」を発信しています。

  • SDGs:平和的社会などの持続可能な世界を実現するため、2015年9月にニューヨーク国連本部において採択された、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動などに関する17の目標と169のターゲットのこと。

SDGs:世界を変えるための17の目標

国連広報センター「2030アジェンダ」

CSR/SDGsの実践に向けて

CSRやSDGsを実践するにあたり、もっとも重要なのは社員一人ひとりへの浸透です。
2020年は、毎年実施している社内イントラネット上のe-ラーニングに加え、社員向けにSDGs特設サイト「SDGsSQUARE」も開設し、社内のSDGsに貢献するソリューションや取り組みの紹介、また外部のCSR関連評価の情報共有などを行うことにより、幅広く社員がCSRについて知識を獲得できる場を設けました。
リアルに集えない状況は当面続きますが、今後も地方拠点や工場、グループ会社などに向けたオンライン勉強会を実施し、社内でのCSR/SDGs浸透を推し進めてまいります。

社内向けSDGs特設サイト

外部団体への参加

イトーキは、社会課題解決に関わる関連団体や環境問題に携わる関連団体・NPOと連携し、最新の動向調査や基礎研究などを推進しています。これらの研究成果は、自社の企業活動に活かすとともに、研究発表や講演会などを通じた一般社会への普及にも努めています。

社会課題と環境に関する主な参加団体(2020年12月現在)
  • グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン
  • グリーン購入ネットワーク(GPN)
  • エコイノベーションとエコビジネスに関する研究会(SPEED研究会)
  • やまなし水源地ブランド推進協議会
  • 日本人間工学会
  • 日本オフィス学会UD部会
  • 日本ファシリティマネジメント協会UD部会
  • プラチナ社会研究会 プラチナシティ・プロジェクト
  • 東京大学産学ネットワーク「ジェロントロジー」
  • 生物多様性民間参画パートナーシップ
  • 日本気候リーダーズ・パートナーシップ
  • グリーンビルディングジャパン
  • 日本エシカル推進協議会
  • 中央区環境行動計画推進委員会
  • CEN気候非常事態ネットワーク

国連グローバル・コンパクトへの署名

イトーキは2018年6月、「国連グローバル・コンパクト」に署名しました。「国連グローバル・コンパクト」は各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。国連が提唱している「人権、労働、環境および腐敗防止」に関する普遍的な10原則を支持し、持続可能な社会の構築に貢献してまいります。
また、日本でのローカルネットワークであるグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンが主催する分科会活動などへの参加を通じて、SDGsの課題解決に努めてまいります。
詳しくは、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンのWebサイトをご参照ください。

画像
人権
  • 原則1: 人権擁護の支持と尊重
  • 原則2: 人権侵害への非加担
労働
  • 原則3: 結社の自由と団体交渉権の承認
  • 原則4: 強制労働の排除
  • 原則5: 児童労働の実効的な廃止
  • 原則6: 雇用と職業の差別撤廃
環境
  • 原則7: 環境問題の予防的アプローチ
  • 原則8: 環境に対する責任のイニシアティブ
  • 原則9: 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止
  • 原則10: 強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン

サステナビリティ
トップメッセージ
イトーキの価値創造
持続可能な社会の実現に向けて
E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
新型コロナウイルス感染症への対応
社外からの評価
ESGデータ集
GRIスタンダード対照表
カーボン・オフセットについて
サステナビリティレポート ダウンロード
サステナビリティレポートイトーキが取り組んでいる社会貢献活動や、それらの活動の前提となる考え方をご紹介します。

全ての報告書はこちら

Sustainable deveropment GOALS

SDGsとの関連について
本レポートでは、イトーキグループの環境・社会活動と、国際社会が2030年に向けて定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連について、「イトーキのCSR」に考え方を掲載し、各報告サイトでも示しています。SDGsについて詳しくは、国連広報センターのWebサイトをご参照ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑