イトーキのCSR

イトーキが考える持続可能な社会のために

企業コンセプト

方針

CSR方針

イトーキグループは「人も活き活き、地球も生き生き」する持続可能な社会の実現に貢献します。

イトーキグループは、バリューチェーンのあらゆる段階において、人権や労働慣行、気候変動への対応などさまざまな社会的責任を果たしてまいります。そして『明日の「働く」を、デザインする。』変革活動のもと、今までにない製品・ソリューションを通じて新しい価値を提供することで、お客様の働く「空間」「環境」「場」づくりを実践していきます。

CSR行動計画
  1. コーポレート・ガバナンス
    イトーキグループは、事業戦略と一体化したCSR 経営を推進し、社会と事業の持続可能な発展を目指します。CSRを企業価値創造のための重要な経営課題と認識し、取り組みます。
  2. 労働慣行・健康経営
    イトーキグループは、公正で健全な労使関係の推進と、多様な人財の個性を活かす環境を整備し、仕事にも健康にも良い行動の推奨により、ココロとカラダの健康増進を促し、健康経営の実現に向けたプロセスを社内外に対してトータルサポートします。
  3. 腐敗防止と公正な取引
    法令順守はもとより、ステークホルダーの皆様と腐敗を許さないより公正で透明な関係を築く基盤となるコンプライアンス推進体制を構築するとともに、グループ全体のコンプライアンス意識の強化・徹底に取り組みます。
  4. ステークホルダー・エンゲージメント
    イトーキグループは、社内外のステークホルダーの皆様との対話と、それぞれの発展への積極的関与により、イトーキグループに対する理解を深め、成長への期待感を高め、双方の価値向上に努めます。
  5. 人権
    イトーキグループは、すべての人が「活き活き」するため、すべての事業活動、およびすべてのサプライチェーンの関わりにおいて、人権の尊重に取り組みます。
  6. ダイバーシティ&インクルージョン
    イトーキグループは、働くすべての人がお互いのバックグラウンドを尊重し合える組織、環境、風土がある職場づくりを進めます。
  7. 環境
    イトーキグループは、事業活動のすべての領域で限りある資源の有効活用と生物多様性の保全および地球環境への負荷の低減を図り、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
  8. 調達
    イトーキグループは、サプライヤーの皆様と労働環境および児童労働・強制労働を含む人権尊重に配慮するとともに、環境負荷低減と生物多様性の保全に向け、製品・サービスの開発段階から持続可能な調達に取り組みます。
  9. 情報開示
    イトーキグループは、関係法令や適時開示規則の遵守に留まらず、ステークホルダーの皆様にイトーキグループへの理解を深めていただけるよう、適時・適切な情報開示に取り組みます。
  10. 情報セキュリティ
    イトーキグループは、経営に係る情報の適切管理はイトーキグル―プの社会的責務であり、プライバシー保護を含めた、情報セキュリティ管理体制の継続的な強化により、社会からの信頼を得られるよう努めます。

環境方針

当社の企業理念に基づき、以下の環境方針を定めます。

イトーキグループは、生き生きと持続する美しい地球と、活き活き活動する人びとが暮らす自然豊かな社会を未来に引き継ぐため、地球環境問題が経営上の最重要課題であると認識し、事業活動の全ての領域で限りある資源の有効活用と生物多様性の保全および地球環境への負荷の低減を図り、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

行動指針
  1. 地球環境と人に配慮した製品・サービスおよび空間デザインを提供します。製品開発においては、「Ud&Eco style(ユーデコスタイル)」を基軸としたものづくりによる製品の「Eco(エコ)・プロダクト」化を推進します。
  2. 日常の業務に環境活動を取り込み、地球環境の保全と汚染の予防に努めます。
    1. 省資源 省エネルギーおよびリサイクルの促進
    2. 有害物質の管理の徹底と使用量の最小化
    3. 地球温暖化ガス(CO2)および環境汚染物質の管理による放出量の最小化
    4. グリーン調達、グリーン購入の促進
    5. 地球環境負荷の低減に資する技術の研究・開発
    6. 生物多様性の保全
  3. 環境関連法規制等、その他当社が同意する規制・協定等を順守します。さらに自ら環境基準を定め、これを順守します。
  4. 要員一人ひとりに環境方針を周知させるとともに 計画的な教育・訓練を通じて環境意識の向上を図り、業務に反映できるよう人材を育成します。
  5. 環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。

人権方針

イトーキグループは、全ての人が「活き活き」するため、全ての事業活動が人権を尊重することで成り立っていると認識し、次の通り「イトーキグループ人権方針」(以下、本方針という)を定めます。

適用範囲

本方針の適用範囲は、株式会社イトーキおよびイトーキグループ全体の役員および従業員とします。

人権についての基本的な考え方

イトーキグループは、全ての人が「活き活き」するため、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」の考え方に基づき、全ての事業活動、および全てのサプライチェーンの関わりにおいて、人権の尊重に取り組みます。

  1. 人権の尊重
    イトーキグループは、あらゆる場面において、お客様をはじめとする全てのステークホルダーの基本的人権の尊重に取り組みます。
  2. イトーキグループは、他者に対して尊敬の念を持って接し、性別、年齢、国籍、障がい、雇用形態や働き方、習慣、価値観、LGBT等を理由とする差別的行為を行いません。
  3. ハラスメントの禁止
    イトーキグループは、人権を傷つける言動や行為(全てのハラスメント)を一切行いません。
  4. 従業員の基本的な権利の尊重
    イトーキグループは、労働における基本的原則および権利を尊重し、従業員との対話を通じて働きがいのある職場づくりに取り組みます。
  5. 安心・安全への配慮
    イトーキグループは、従業員が心と身体ともに健康で、安心して働ける職場環境の確保に取り組みます。
  6. 強制労働および児童労働の禁止
    イトーキグループは、強制労働や児童労働を行いません。また、サプライチェーンにおいても加担しないように取り組みます。
  7. 教育の浸透
    イトーキグループは、全ての事業活動において本方針が浸透するよう、適切な教育と研修の実施に取り組みます。
人権尊重の責任を果たすために
人権デューディリジェンス

イトーキグループは、人権デューディリジェンスのプロセスを通じて、人権への負の影響を特定し、人権リスクを軽減するよう取り組みます。

  • ステークホルダーとの対話
    イトーキグループは、実際のまたは潜在的な人権に対する負の影響について、関連するステークホルダーと対話を行っていきます。
  • 救済・是正
    イトーキグループは、自らの事業活動によって直接的または間接的に人権に対する負の影響を及ぼした場合、適切な手段を通じて救済・是正に取り組みます。
  • 教育・研修
    イトーキグループは、自らの事業活動において本方針が理解され、浸透するよう適切な教育・研修を行います。
  • 情報開示
    イトーキグループは、本方針に基づく人権尊重の取り組み状況について、ウェブサイト等にて適切に情報開示を行います。

品質方針

当社の企業理念に基づき、以下の品質方針を定めます。

「顧客のニーズと社会の期待に応え、
 感動を分かち合える製品とサービスを提供します。」

以下の事項を活動の重点とし、全員が、『明日の「働く」を、デザインする。』の実現に貢献します。

  1. 世界の市場を見据え、顧客のニーズを掴み、社会の期待に応える機会を先見し、製品安全を確保するとともに、スピーディーな製品開発に結びつけます。
  2. 製品およびサービスの引合いから引渡し、並びに引渡し後の活動を通じて、関係する全ての部門が確実に責任を果たすとともに、部門間の連携を強化します。
  3. 顕在化した不適合に対して確実な是正処置を行うと共に、 製品およびサービス提供に関わるリスクを予見し、対応をスピーディーに行います。
  4. 製品およびサービス提供に関わる仕事には、その業務の遂行能力と適格性を持った人員を配置します。技術やノウハウの獲得また研さんに努め、共有・継承し、人財を育みます。
  5. 「素早く、無理なく実行でき、効果に結びつく」品質マネジメントシステム を目指し、その内容と運用方法を継続的に改善します。

マテリアリティ

イトーキは以下の4点をマテリアリティに特定しました。

  1. 働き方改革
  2. 社員の心と身体の健康
  3. イノベーション
  4. 環境経営

マテリアリティ

マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティ特定プロセス

マテリアリティマップ

マテリアリティマップ

イトーキとSDGs

イトーキは、事業活動やCSR 活動を通じてSDGsの目標達成に貢献していきます。

  • SDGs:平和的社会などの持続可能な世界を実現するため、2015年9月にニューヨーク国連本部において採択された、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動などに関する17の目標と169のターゲットのこと。

SDGs:世界を変えるための17の目標

外部団体への参加

イトーキは、Ud(ユニバーサルデザイン)や環境問題に携わる関連団体・NPOと連携し、最新の動向調査や基礎研究などを推進しています。これらの研究成果は、自社の企業活動に活かすとともに、研究発表や講演会などを通じた一般社会への普及にも努めています。

ユニバーサルデザインと環境に関する主な参加団体(2017年12月現在)
  • グリーン購入ネットワーク(GPN)
  • エコイノベーションとエコビジネスに関する研究会(SPEED研究会)
  • こどもエコクラブ
  • やまなし水源地ブランド推進協議会
  • 日本人間工学会
  • 日本オフィス学会UD部会
  • 日本ファシリティマネジメント協会UD部会
  • プラチナ社会研究会 プラチナシティ・プロジェクト
  • 東京大学産学ネットワーク「ジェロントロジー」
  • 生物多様性民間参画パートナーシップ
  • 日本気候リーダーズ・パートナーシップ
  • グリーンビルディングジャパン
  • 日本エシカル推進協議会
サステナビリティ
トップメッセージ
イトーキのCSR
Ud&Eco style
特集1 お客様が活き活きと働く環境づくり
特集2 社員が活き活きと活躍できる環境へ
お客様とともに
社員とともに
お取引先とともに
地域社会とともに
環境
コーポレート・ガバナンス
第三者意見
社外からの評価
ESGデータ集
GRIスタンダード対照表
カーボン・オフセットについて
サステナビリティレポート ダウンロード
サステナビリティレポートイトーキが取り組んでいる社会貢献活動や、それらの活動の前提となる考え方をご紹介します。

全ての報告書はこちら

Sustainable deveropment GOALS

SDGsとの関連について
本レポートでは、イトーキグループの環境・社会活動と、国際社会が2030年に向けて定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連について、「イトーキのCSR」に考え方を掲載し、各報告サイトでも示しています。SDGsについて詳しくは、国連広報センターのWebサイトをご参照ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑