フリーアドレスオフィス

フリーアドレスオフィスとは

固定席を設定せず、ワーカー1人ひとりが席を選んで働けるよう配慮された、フリーアドレスオフィス。
在席率により、席数を削減したり、1人当たりのスペースを減らすことで、オフィス面積の削減が可能です。また、個人が自由に席を決めるので、組織間でのコミュニケーションを流動化することができます。

イメージ

メリット

  • レイアウト変更コストが基本不要
  • 電源、LAN等 配線変更コストが基本不要
  • オフィス面積を大幅に削減できる
  • 同じスペースでも多人数に対応も可能
  • サポートスペースの充実が可能
    仕事内容に応じた場所を選んで仕事ができる
  • 席が固定されないため、特定の人以外とのコミュニケーションが増加する
  • 在籍者の利用可能デスク面積の拡大
  • オフィス内でのミーティングが可能で 会議室の数を減らせる
  • 毎日デスク上を片づけることにより ファイリングの維持管理がしやすい

フリーアドレスオフィスを実践する為に必要なこと

  • 組織運営にあったフリーアドレススタイルの構築(方針策定)
  • ネットワーク環境の整備
    無線LANの導入、もしくは、無線LANに準ずる環境
  • モバイル端末の導入
    ノートPCやタブレットなどの活用しやすい環境整備

フリーアドレスオフィスのタイプ

フリーアドレスレイアウト

フリーアドレスレイアウト

個の自立を重視したレイアウトです。様々な人とコミュニケーションを取ることができ、新しいアイディアを生み出すきっかけにもなります。

チームアドレスレイアウト

チームアドレスレイアウト

チームごとに座るテーブルが決まっているオフィス形態です。営業などの組織達成型の組織に適したレイアウトです。

ハイブリッドアドレスレイアウト

ハイブリッドアドレスレイアウト

フリーアドレスとチームアドレスや固定席を組み合わせた運用ができるオフィス形態。情報の流動化と濃密化を実現し、自律した個と連動する組織を生み出す組織運営ができます。

オフィスレイアウトは、組織運営にあったスペースを選択することが大切です。

様々なスペースを組み合わせるイトーキのオフィス提案

詳細はこちら

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑