コンプライアンス

コンプライアンスについての考え方

イトーキグループは、法令遵守はもとより、より公正な事業推進を検討・検証する基盤となるコンプライアンス推進体制を構築するとともに、グループの全役員・社員のコンプライアンス意識の強化・徹底に積極的に取り組んでいます。

コンプライアンス推進体制

イトーキグループのコンプライアンス推進に関する最高責任機関であるコンプライアンス委員会は、2021年度には3回開催され、グループ内コンプライアンス推進施策の企画・立案、管理・検証などを行いました。また、職場などにおけるコンプライアンスの実践や指導・啓蒙などに関しては、各拠点の従業員により推薦で選出されたコンプライアンス推進委員と推進担当が配置され、各現場での浸透を担い、推進体制を維持しています。

なお、ハラスメントや不正行為の防止と自浄作用の促進ならびに社会的信頼の確保のため、公益通報者保護法に基づく内部通報窓口(ヘルプライン通報窓口)を設けて運用しています。2021年度の通報件数は、18件です。

コンプライアンス推進体制図

コンプライアンス推進体制図

コンプライアンス意識の徹底

イトーキグループはグローバルに事業を展開する企業グループとして、「コンプライアンスとは社会の要請に応えること」であるという認識のもと、グループの全役員・社員に対し法令遵守にとどまらず企業倫理や社内規範の浸透を図り、さらには社会規範や社会貢献などにも配慮しながら、国内はもとより各国・地域のさまざまな期待や要請に柔軟に対応しながら事業活動を行っています。

なお、2021年度の教育研修活動としては、コンプライアンス知識の高度化と認識の高位平準化を目指した研修(階層別研修、e-ラーニングなど)を実施しました。e-ラーニングの受講率は93.6%に及びました。さらに「コンプライアンス・ニュース」などの発行を通じてグループ全体のコンプライアンスの強化と浸透を図っています。

また、毎年全グループの社員を対象とした「コンプライアンス・アンケート」を実施し、調査結果をもとに各部門、各グループ会社のコンプライアンス委員とともに、その後のコンプライアンス推進活動や啓蒙活動に役立てています。

コンプライアンス意識

コンプライアンス違反目撃者数

内部通報制度

内部通報制度

サステナビリティ
イトーキのマテリアリティ
E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
新型コロナウイルス感染症への対応
社外からの評価
ステークホルダー・
エンゲージメント
GRIスタンダード対照表
カーボン・オフセットについて
社会貢献活動
レポート(PDF)ダウンロード
サステナビリティレポートイトーキが取り組んでいる社会貢献活動や、それらの活動の前提となる考え方をご紹介します。

全ての報告書はこちら

Sustainable deveropment GOALS

2030年に向けて
世界が合意した
「持続可能な開発目標」です

SDGsとの関連について
本レポートでは、イトーキグループの環境・社会・ガバナンス活動と、国際社会が2030年に向けて定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連について、「持続可能な社会の実現に向けて」に考え方を掲載し、各報告サイトでも示しています。SDGsについて詳しくは、国連広報センターのWebサイトをご参照ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑