新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症への対応

2020年新型コロナウイルス感染症の拡大により、企業はこれまで経験したことのない多くの制約を受け、事業継続にも大きな影響をもたらす事態となりました。当社では、その影響を最小限に抑えるべく社員の感染防止(①②)などさまざまな対策を講じるとともに、これまでの知見や強みを活かし、働き方の多様化など新たに生じた社会課題の解決に繋がる取り組み(③)を推し進めています。

① ITOKI TOKYO XORKでの感染症対策例

デザイン性に富んだアクリルパネルによる飛沫対策
コラボレーションを阻害しない飛沫対策と距離感の工夫

ソーシャルディスタンス確保と
飛沫対策済のコワーキングエリア

進行方向と距離感を意識させる誘導サイン

サイネージを活用した情報発信

② 感染症影響を最小限に抑えるための取り組み

  • 災害対策本部 コロナ対応チームの編成
  • 罹患者や濃厚接触者、体調不良者発生時の体制構築
  • 社内ワークガイドライン・対応マニュアルの作成
  • 在宅勤務の推進(テレワーク 時差出勤制度
  • 出社率の制限
  • 出社時の検温の徹底
  • 手指消毒液・アルコール除菌シート、サーマルカメラ・非接触体温計の全国配備
  • 感染症予防対策、BCP強化
  • 感染者発生時の社内外への告知実施
  • 研修のオンライン化推進

③ 社会への貢献

サステナビリティ
トップメッセージ
イトーキの価値創造
持続可能な社会の実現に向けて
E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
新型コロナウイルス感染症への対応
社外からの評価
ESGデータ集
GRIスタンダード対照表
カーボン・オフセットについて
サステナビリティレポート ダウンロード
サステナビリティレポートイトーキが取り組んでいる社会貢献活動や、それらの活動の前提となる考え方をご紹介します。

全ての報告書はこちら

Sustainable deveropment GOALS

SDGsとの関連について
本レポートでは、イトーキグループの環境・社会活動と、国際社会が2030年に向けて定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連について、「イトーキのCSR」に考え方を掲載し、各報告サイトでも示しています。SDGsについて詳しくは、国連広報センターのWebサイトをご参照ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑