会議室予約表示システム conferio(カンファリオ)

タッチパネルで直感操作。会議室の空予約を減らし、利用状況を見える化します

会議室前に端末を設置し、その場で予約・延長などの利用状況アラートを直感的に操作することができます。急な来客や打合せの際も、その場で部屋の利用状況を確認できるため、効率的に会議室を運用することが可能です。

会議室予約表示システムの特徴

  • 自動キャンセル機能で空予約を減らし会議室の稼働率UP!
  • CSV形式で利用状況を把握。会議室運用の改善に!
  • 日本語・英語の2カ国語に対応/グローバル環境で利用可能!
  • 直感的なデザインで利用がスムーズに!
  • 総合案内端末設置で、複数の会議室利用状況を一目で確認!
  • Google Apps for Business または、Microsoft® Office 365™に対応

会議室予約表示システムによる運用の流れ

1. 会議室予約表示システムによる運用の流れ

  • 急な来客や打合せ時に、会議室前の部屋前端末からその場で予約することが可能です。
  • グループウェアのスケジュールと同期も可能です。

2. 「チェックイン」で会議スタート

  • あらかじめ設定した時間を経過しても「チェックイン」されなかった予約は”空予約”と見なし、自動で予約をキャンセルします
  • 空いた時間を、他の人が再利用することで、会議室の利用効率の向上が可能です。

3. 「チェックアウト」で余った時間を再利用

  • 会議が予約時間より早く終了。空いた時間は別の人が利用でき、無駄なく会議室を運用することが可能です。
  • 会議が白熱!予約時間を延長したい場合は、「利用延長」ボタンを押して、その場で延長することが可能です。

4. 利用状況の分析

  • CSV形式で利用ログを出力できます。個人別空予約率や会 議室別稼働率など分析方法はいろいろ。利用状況を見える化することで、会議室運用の改善に役立てます。

会議室予約表示システムのシステム構成

会議室予約表示システムのシステム構成

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑