物流ソリューション

人にも環境にもやさしい、先進の物流空間づくり。

物流システムの社会ニーズは、ますます高度化、多様化しています。
調達・生産・販売の物流はもちろん、オフィスをはじめとするあらゆる産業空間へと用途が広がる中で、物流機器は誰もが日常的に触れるビジネス機器へと変わってきました。
これからは、先進機能を手軽に使いこなせる操作性や安全性、社会環境と調和できるデザイン性や静粛性、さらにはスピード性や経済性等を総合的に配慮した、高度で快適な物流システムが求められます。
イトーキは、長年にわたって培ってきたアクティブストレージを中心とした技術に先端の情報技術を融合し、真に役立つ高機能を追求して人にも環境にもやさしい、21世紀の物流システムを構築してまいります。

物流システム構築の基本コンセプト

1. 基本思想 物流システム三位一体論

三位一体論

物流機器を導入すれば、すべての問題が解決すると考えるのは早計です。目的に応じ、その目的に合致しているかどうかという意識をつねに持ち、どんな効果を上げるのかを考慮し、検討を進めることが大切です。イトーキの基本思想である"物流システム三位一体論"は、①商品の性格、②スペース条件、③導入効果より成り立っております。

1. 商品の性格

品物の形態(箱物、袋物、裸物、大きさ、重さ)や入庫・出庫・在庫の形態 (数量、容積、パレット換算)などの分類要素を決定し使用目的を明確にします。

2. スペース条件

建物の構造および設備、有効面積など、スペースの性格を分析し、把握することが必要です。

3. 導入効果

初期計画に当たっては、何のために今の作業を行っているのか、作業分析し、導入目的を明確にします。同時に、その導入目的に対し、どんな効果があるのかを予測することも大切なポイントです。

2. システム構築のポイント

効果的な物流システムを構築するためには、物流と情報のリンクが必要であり、現場レベルから意思決定レベルにいたるまで、必要な情報をリアルタイムでやりとりできる環境づくりが肝要です。物流の基本的な流れは、入庫、分類、保管、出庫ですが、大きく分けて線形物流と円形物流の2種類の基本型があります。

  • 線形 物流は、入庫した物資を一時的に保管し、出庫、配送する形態
  • 円形物流は、入庫した物資を保管しニーズに応じて貸出しする形態

これら2つの基本型をベースにさまざまな応用が考えられ、幅広い分野のシステム構築が可能になります。

線形物流

円形物流

物流システムのフローとシステム構築上の留意点

3. 作業性のポイント

工場、倉庫、配送センターなどで最も大きな問題はピッキング作業です。右の表はある企業の分析例ですが、これによると倉庫作業全体に占めるピッキング作業は60数%で最も大きなウェイトを占めています。したがってこれらの合理化・省力化がコストダウンに直結し、倉庫作業の削減に大きく寄与するといえます。

倉庫作業の分析例

4. ストレージ機能のポイント

倉庫内設備に要求される機能は以下の9つのポイントが挙げられます。

  1. 熟練を要さずに誰にでも容易に受け払いができること
  2. 棚検索作業が迅速であること
  3. 受け払い時間が短いこと
  4. 受け入れ量の変動に対して自由度があること
  5. 払い出し時に同時に複数部門の処理ができること
  6. 部品サイズの変動に対処できること
  7. 格納効率が高いこと
  8. モノと情報が一体化したものであること
  9. 故障時、停電時にも代替性があること

5. 物流システム開発のポイント「5S」

事業内容や業務内容を真に理解し、人と情報とモノとが、有機的に機能する物流システムをつくるには、システム全体を総合的に構築する必要があります。イトーキでは、物流の流れとモノの流れを統合する21世紀型の物流システムを5つのS(Speedy、Storage、Safety、Soundless、Systematic)という観点から考えています。

物流システム開発のポイント「5S」

6. 物流システム基本構成要素

物流システムを構築するには、収納機器、検索機器、搬送機器の3要素が必要になりますが、これらの機器群をトータルに制御するシステムが、いわば頭脳として最も重要になります。イトーキでは、物流システムを構成する豊富な機器を取り揃えており、物流空間の規模や目的にマッチするベストなプランを提供しています。

物流システム基本構成要素

7. システム構築例

調達物流、製造物流、販売物流など多岐にわたるニーズにおいてトータルコストの低減と顧客満足度の充実を図るために、システマストリーマーSASの高速処理能力を活かしたストレージ&ソートシステムを構築しています。イトーキの基本思想である物流システム三位一体論に基づき、生産性の向上と最大の投資効果を実現します。

システム構築例

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑