イトーキの歩み

オフィスの発展とともに、時代を超えて。
創業の精神は、今も受け継がれています。

1890年に伊藤喜商店として創業。
120年を超えるイトーキの歴史は、ゼニアイキ(金銭記録出納機)をはじめ、世の中にないものを生み出してきた、INNOVATIONの軌跡でもあります。
そして、原点の精神は変わることなく、受け継がれています。

1890~1949
発明特許品の普及から事務機器の販売へ

1890 1890 12月1日、大阪市東区高麗橋に伊藤喜商店創業 伊藤喜商店創業当時の版画
伊藤喜商店創業当時の版画

テルモス印魔法瓶
(1910)

ゼニアイキ
(1913)

東亜和文タイプライター
(1924)

アイデックス
(1932)

鋼製丸椅子
(1934)

1894 堀井謄写版の販売開始
1900 1903 ゼムクリップ、ホチキスの輸入販売を始める  
1906 九州支店(福岡)を開設 九州支店(福岡)を開設の写真
1908 伊藤喜商店工作部を開設、手提げ金庫及び簡単な文具などの事務機器の生産開始
1910 1910 英文タイプライター、魔法びんなどの輸入販売を始める
1913 ゼニアイキ(金銭記録出納機)発売 ゼニアイキ発売当時の使用風景
ゼニアイキ発売当時の使用風景
1914 ベント式金庫発売(東京竹内金庫店にて製造)
1920 1923 関東大震災  
1924 大阪市東区淡路町に堺筋出張所(現大阪ショールーム)開設
東亜和文タイプライターの販売を始める
 
1925 大阪市東区広小路に工場新設
鋼製保管庫、ロッカーの製造開始、自社製鋼製家具の製造を始める
大阪市東区広小路に工場新設の写真
 
1926 ラジオの販売開始
1930 1931 大阪市東区平野町に本店ビル完成 大阪市東区平野町に本店ビル完成のイメージ
1932 事務整理システム「アイデックス」の製造開始
1933 株式会社に改組(資本金70万円、従業員約60名)
1934 初期のスチールデスク、鋼製丸椅子、アイデックスがカタログ品として登場
1937 東京支店を東京都中央区呉服橋に開設 東京支店を東京都中央区呉服橋に開設の写真

1950~1959
近代オフイスを創った伊藤喜のスチール家具

1950 1950 工作部が分離独立し、(株)伊藤喜工作所設立 (株)伊藤喜工作所設立のイメージ写真

日本計算機(1953)の写真

日本計算機
(1953)

朝日放送型スチールデスク(1957)の写真

S型デスク
(1955)

S型デスク(1955)の写真

朝日放送型スチールデスク
(1957)

1951 アイデックスカードシステムを広める(システム開発の最初)
1952 保管庫・ロッカー工場新設(大阪市)
1953 地上波テレビ放送開始
1954 軽量金庫開発、発売
1956 日商型スチールデスク登場(のちの各種デスクへの道を開く)
1957 東京支店を銀座1丁目に移転
1958 東京タワー完成
1959 大阪支店ビル完成 大阪支店ビル完成の写真

1960~1969
グッドデザイン・グッドシステムのイトーキ

1960 1960 国際見本市(第5回大阪)に初出展
ファイリング・伝票会計・オフィスレイアウトの3大システム確立
 

ジュニアデスク(1962)の写真

ジュニアデスク
(1962)

仁王(1968)の写真

仁王
(1968)

1961 金庫・耐火金庫工場新設(大阪/守口市)
伊藤喜オールスチール(株)設立
(株)伊藤喜工作所が大阪証券取引所市場第二部上場
 
1962 (株)伊藤喜工作所が東京証券取引所市場第二部上場
家庭用家具販売部門(ホームファニチュア部)新設
海外展示会に初出展(JETRO主催サンフランシスコ事務機器展示会)
ホームデスク、スチューデントデスク発表
 
1963 デスク工場新設(大阪)
最初の海外販売代理店設置(マラヤ、シンガポール)
イトーキ・システム研究室を開設
(株)伊藤喜商店が(株)イトーキに社名変更
デスク工場新設(大阪)の写真
1964 東京オリンピック開催
社訓「イトーキのわれら」制定 社訓「イトーキのわれら」制定の写真
1965 第1回イトーキショウ開催 第1回イトーキショウ開催の写真
1966 (株)イトーキ東光製作所設立
1967 「グッドデザイン・グッドシステム」のキャッチフレーズ誕生
1968 霞ヶ関ビル完成  
スチール棚・間仕切工場新設(京都)
ニューカラー「ヒューマンブラウン」への移行開始
スチール棚・間仕切工場新設(京都)の写真
1969 米国スプリーム社と技術提携(移動棚)
イトーキサービス(株)(現(株)イトーキ大阪工務センター)設立(オフィスの室内営繕工事、オフィスレイアウト施工監理)

1970~1979
イトーキが推進したオフィスプランニング

1970 1970 日本万国博覧会(大阪万博)開催
日本万国博覧会生活産業館にスチールハウス展示
システム研究室がイトーキ総合研究所と改称
キャビネット工場新設(京都)
 

フレキシウォールFC(1971)

フレキシウォールFC
(1971)

システマトリーブ(1972)

システマトリーブ
(1972)

モデュラス(1974)

モデュラス
(1973)

フリーダムチェア(1975)

フリーダムチェア
(1975)

プロマイティ(1976)

プロマイティ
(1976)

研究設備機器(1978)

研究設備機器
(1978)

1971 米国スプリーム社と技術提携(自動電子式ファイリングシステム)
システマ・コンサーブ、保管庫型ムーブラック発売
米国リフレクター社と技術提携(店舗用陳列什器)
PR誌「OFFICE REPORT」創刊
 
1972 キャビネット・メカトロ機器工場新設(滋賀) キャビネット・メカトロ機器工場新設(滋賀)の写真
1973 イトーキショウ開催(東京・大阪)。テーマは、「新しいオフィスプランニング思想」
モデュラス発売
1974 第1次オイルショック
富士リビング工業(株)経営権取得(ミーティングチェア、テーブル製造)
PR誌「OFFICE LIFE」創刊
 
1975 「オフィスプランセンター」発足 東京・渋谷に完成したオフィスプランセンター
東京・渋谷に完成したオフィスプランセンター
1976 Gマーク選定商品に14点入選、家具部門・施設部門において最高得点(フリーダムチェア、ハニライン、モデュラス、会議用テーブル)
1977 スイス・ビボ社と技術提携、研究設備家具システム発売  
1978 第2次オイルショック
電子制御式貸金庫(ESCS)の国産化に成功
 
1979 イトーキグランドショウ開催(東京・サンシャインシティ文化会館ほか17会場)
「オフィスランドスケープ」の提唱者であるクイックボーナー・チームのリーダー、D.イエーガー氏を招聘
イトーキグランドショウ開催の写真

1980~1989
ニューオフィスとイトーキ

1980 1980 オランダオープンアーク社と技術提携「バーテブラチェア」 オランダオープンアーク社と技術提携
オープンアーク社と技術提携し、バーテブラチェアの開発が始まった

バーテブラチェア(1981)の写真

バーテブラチェア
(1981)

シンラインキャビネット(1981)の写真

シンラインキャビネット
(1981)

オートラック(1982)の写真

オートラック
(1982)

ハイオフィスライン(1984)の写真

ハイオフィスライン
(1984)

FGパネル(1988)の写真

FGパネル
(1988)

バイオテーブル(1988)の写真

バイオテーブル
(1988)

システマ・ストリーマー(1988)の写真

システマ・ストリーマー
(1988)

アソートラインCRデスク(1988)の写真

アソートラインCRデスク
(1988)

1981 Gマーク家具部門別大賞受賞「プロマイティ電子ロック式」
1982 TQC(全社的品質管理)導入
Gマーク選定商品に最高38点入選
(株)上田商事経営権取得(家庭用家具の総合卸、介護用品販売)
1983 チェア工場新設(京都)  
1984 「オフィスの未来をデザインする」刊行
(株)イトーキシステムズシンガポール設立(シンガポール現地法人)
イトーキ・オブ・アメリカ(I・O・A)設立(米国現地法人)
(株)イトーキ工務センター設立
「オフィスの未来をデザインする」刊行のイメージ写真
1985 イトーキCIシステム導入。創立記念式典でシンボルマーク、シンボルロゴ、和文社名ロゴ、コーポレートカラー、新社旗を発表
1986 男女雇用機会均等法施行
コシノ・ジュンコ・デザインのオフィスウェア発売
 
電子機器工場新設(滋賀)
「ファイリング・システムの実際」刊行
電子機器工場完成(滋賀)の写真
1987 「ITOKI PRESENTATION'87」開催
岡本綾子プロをCFに起用
(株)伊藤喜工作所が東証・大証一部指定替
「ITOKI PRESENTATION'87」開催のイメージ写真
PR誌「Office Age」「New Office Life」創刊 「Office Age」「New Office Life」誌創刊のイメージ写真
1988 Gマーク部門別大賞受賞(KAREデスクシステム)  
第1回イトーキクラシック開催
米ドル建新株引受権付社債発行
第1回イトーキクラシック開催の写真
1989 消費税導入  
大阪ニューオフィスギャラリー竣工
デミング賞(実施賞)受賞
創業100周年記念祝賀会
大阪ニューオフィスギャラリー竣工の写真

1990~1999
創業100年を越えて21世紀のオフィスづくりを目指す

1990 1990 創業100周年記念ケビン・ローチ講演会開催
「イトーキ ニューカラープログラム」を発表
国際オフィス家具見本市「オルガテック」出展
(株)イトーキが大阪証券取引所市場第二部上場
 

アメリアチェア(1992)の写真

アメリアチェア
(1992)

フリーアクセスフロアLAF-S500(1994)の写真

フリーアクセスフロア
LAF-S500
(1994)

エアロマスター(1996)の写真

エアロマスター
(1996)

CZデスク(1996)の写真

CZデスク
(1996)

FZパネル(1996)の写真

FZパネル
(1996)

トリノチェア(1999)の写真

トリノチェア
(1999)

コムネットテーブル(1999)の写真

コムネットテーブル
(1999)

1992 イトーキハワイアンレディースオープン開催
チェア工場完成(滋賀)
(株)伊藤喜工作所が(株)イトーキクレビオに社名変更
本社新社屋竣工
 
  本社新社屋竣工の写真
1994 米国アーウィンシーティング社と提携、劇場・競技場用観覧席の輸入販売開始
TPM優秀賞(第一類)受賞
(株)イトーキ工務センター設立(オフィスの室内営繕工事、オフィスレイアウト施工監理)
1995 阪神淡路大震災  
「セーフティオフィス」刊行 「セーフティオフィス」刊行のイメージ写真
1996 振動試験室設置 振動試験室設置の写真
PR誌「corporate design」創刊 「corporate design」誌創刊のイメージ写真
1997 地球温暖化防止京都会議開催
ドイツワルドナー社と技術提携(研究設備機器)
「オフィスコスト 攻めの戦略」刊行 「オフィスコスト 攻めの戦略」刊行のイメージ写真
1998 商品管理統括部門がISO9001審査登録赤マル
ISO9001・14001審査登録(4事業部門・2サイト)緑マル
(株)シマソービ経営権取得(事務用家具・事務用品・室内装飾品の加工販売/管工事および電気工事の請負)
1999 業務統括部門がISO14001審査登録赤マル
PR誌「ユーデコスタイル」創刊
 
パネル工場新設(大阪) パネル工場新設(大阪)の写真

※ISO関連表記

緑マル 旧(株)イトーキクレビオ

赤マル 旧(株)イトーキ

 

2000~
イトーキがこれからに伝えるUd & Eco style

2000 2000 (株)イトーキテクニカルサービス設立(各種設備機器および設備システムの保守管理業務)
「イトーキ環境方針」制定
ネット通販事業開始
 

momotaro(2001)の写真

momotaro
(2001)

インフューズ(2004)の写真

インフューズ
(2004)

ガラスパーティションX(2004)の写真

ガラスパーティションX
(2004)

タシットチェア(2005)の写真

タシットチェア
(2005)

インターリンク(2006)の写真

インターリンク
(2006)

スピーナチェア(2007)の写真

スピーナチェア
(2007)

カシコチェア(2007)の写真

カシコチェア
(2007)

LANシート(2008)の写真

LANシート
(2008)

エピオスチェア(2009)の写真

エピオスチェア
(2009)

トルテチェア(2009)の写真

トルテチェア
(2009)

ヴェントチェア(2010)の写真

ヴェントチェア
(2010)

エコニファ(2010)の写真

エコニファ
(2010)

コセールチェア(2011)の写真

コセールチェア
(2011)

コア&セル(2011)の写真

コア&セル
(2011)

エフチェア(2012)の写真

エフチェア
(2012)

モーブチェア(2012)の写真

モーブチェア
(2012)

インステート(2012)の写真

インステート
(2012)

エフチェア(2012)の写真

エフチェア
(2012)

カコミ(2012)の写真

カコミ
(2012)

インサラータ(2013)の写真

インサラータ
(2013)

フリップフラップチェア(2016)の写真

フリップフラップチェア
(2016)

2001 ISO14001全社統合審査登録緑マル
ISO9001全事業所審査登録完了緑マル
 
2002 ISO14001全社統合審査登録赤マル  
金盟(蘇州)商業設備有限公司(現ノボ・ワークスタイル社)設立(中国・合弁会社)
介護福祉事業参入
株式会社タイメック経営権取得(電動回転保管庫/半導体設備製造)
金盟(蘇州)商業設備有限公司(現伊藤喜(蘇州)家具有限公司)設立(中国・合弁会社)の写真
2003 (株)イトーキマーケットスペース設立(店舗用什器の販売/ストアプランニング)  
2004 (株)エコ・ブランディング設立  
国際オフィス家具見本市「オルガテック2004」出展 国際オフィス家具見本市「オルガテック2004」出展のイメージ写真
2005 日本国際博覧会(愛知万博)開催
個人情報保護法施行
(株)イトーキクレビオと(株)イトーキが統合し、(株)イトーキに社名変更
滋賀ロジスティクスセンター新設
ISO14001審査登録(製販総合認証)
滋賀ロジスティクスセンター新設の写真
2007 グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)受賞「スピーナチェア」
イトーキタイランド(株)設立(タイ現地法人)
大賞候補の公開プレゼンテーション
大賞候補の公開プレゼンテーション
2008 オレンジボックス社(英国)と提携、スピーナチェアの海外販売開始
(株)イトーキ北海道設立(事務用機器、什器、備品の販売/店舗用什器の販売、設計、施工他)
グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)受賞「LANシート」
イトーキデザイン(株)設立(米国現地法人)
オレンジボックス社(英国)と提携、スピーナチェアの海外販売開始のイメージ写真
オレンジボックス本社
2009 千葉工場新設(千葉) 千葉工場新設(千葉)の写真
2010 創業120周年を迎える
株式会社ダルトンと資本業務提携
環境省のカーボン・オフセットモデル事業に採用
 
2011 カーボンフットプリントをオフィス製品へ導入開始
海外向け新ブランド「joyten(ジョイテン)」発表
 
2012 省エネ快適照明システム「エクタル」が省エネ・照明デザインアワード2011(環境省主催)に選出
スピーナによるカーボン・オフセット プロジェクトが第1回カーボン・オフセット大賞で優秀賞受賞

イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA開設

グッドデザイン賞ベスト100入賞「カコミ」
 
2013 Shaw Contract Group 2013 Design is...
Award Global Winner受賞「SYNQA」
 
2014 第3回健康寿命をのばそう!アワード
厚生労働大臣賞 優秀賞受賞「ワークサイズ」
 
2015 イトーキ・モダンフォーム社設立(タイ・合弁会社)
創業125周年を迎える
 
2016 グッドデザイン賞ベスト100入賞「エスキャビネット」
「ゼニアイキ」日本機械遺産に認定
株式会社ターカスインテリアーズ(シンガポール)を子会社化
 
2017 iFデザイン賞2017金賞/レッドドット・デザイン賞2017受賞「フリップフラップチェア」
ノボ・ワークスタイル社設立(中国)
Knoll Japan株式会社設立(合弁会社)
健康経営優良法人(ホワイト500)認定
 
2018 グローバルツリーハウス株式会社設立
本社所在地変更
イトーキ新東京オフィス開設(予定)
 
 

※ISO関連表記

緑マル 旧(株)イトーキクレビオ

赤マル 旧(株)イトーキ

 

1903年ゼムクリップ、ホチキスの輸入販売を始める

ホチキスの写真

1890(明治23)年12月1日、伊藤喜十郎が発明特許品の普及を目指して創業した伊藤喜商店は、時代の流れにあわせて事務用品の販売を増やしていき、西日本一帯に「平野町のハイカラ屋」として知られていくようになった。その中でも一世を風靡したのが、今のオフィスでは当たり前に使用されているゼムクリップとホチキスのふたつだ。ともに1903(明治36)年から輸入販売を始めており、どちらも伊藤喜商店の登録商標であったとされる。特にホチキスにいたっては、後に自社での生産も開始し、鳩の姿をかたどったしゃれたデザインもあいまって大ヒットを記録したという。

1960年ファイリング・伝票会計・オフィスレイアウトの3大システム確立

3大システム確立のイメージ


高度経済成長に下支えされ、工場のオートメーション化とともに、その規模を拡大するオフィスにおいても合理化が必要とされ始めた昭和30年代。イトーキは、近代経営における文書管理システムとして、「事務合理化の第一歩はファイリングシステムから」という潮流を作り、特に地方自治体を中心に、事務の効率的運用とし執務環境の改善へ貢献した。さらに、帳簿への転記をなくした「伝票会計システム」、デスクを中心とした家具・事務機械・備品などの機能的な配置を提案した「オフィスレイアウト」を加えた、3大システムの販売によってシステムのイトーキの名を確立させるにいたった。

1979年「オフィスランドスケープ」の提唱者であるクイックボーナー・チームのリーダー、D.イエーガー氏を招聘

クイックボーナー・チーム講演会の写真

現代のオフィスづくりの源を作ったともいえるのが、オフィスプランニングのコンサルタント会社、クイックボーナー・チームだ。彼らは、オフィスの仕事の本質はインフォメーションとコミュニケーションにあると考え、これまでの幾何学的な配置と異なるオフィスを提案し、その考え方は「オフィスランドスケープ」と呼ばれた。イトーキは、このクイックボーナー・チームのリーダーであるディーター・イエーガー氏を招き、経営者や建築専門家に向けて、オフィスプランニングについての講演会やセミナーを開催。オフィス空間を経営効率の観点から考えるという、今のファシリティ・マネジメントにも通ずる内容は、当時、革新的な内容として受け入れられた。

1985年イトーキCIシステム導入。創立記念式典でシンボルマーク、シンボルロゴ、和文社名ロゴ、コーポレートカラー、新社旗を発表

イトーキCIシステム導入のイメージ

1985(昭和60)年、「人間を生かしきれる環境づくり」をテーマに導入されたイトーキのCI。その中核となるシンボルマークは、ITOKIの「I」の完成と極大を表す9本の上昇するストロークによって、これからのオフィスに求められる企業と個のあり方を表現。ロゴタイプには、2つの「I」とひとつの「O」の組み合わせによって、企業とお客様の安定の思いが込められた。また、シンボルカラーはイトーキオレンジをメインに、グリーン、ブルーの3色で展開し、ハーモニー、緊張感、エネルギーによって人間を生かしきるこれからのオフィスをイメージしたものとなっている。

1989年デミング賞(実施賞)受賞

デミング賞(実施賞)受賞

1980年代にアメリカで提唱され、日本では特に製造業において研究が盛んであったTQM(総合的品質管理)という品質管理手法。旧イトーキクレビオでは、1982(昭和57)年からTQMの基礎となったTQCという品質管理手法を導入。製品の企画設計から製造販売そしてアフターサービスまで、全プロセスにおいて総合的に品質管理に努めてきた。1989(平成元)年、その成果が認められ、総合的品質管理による顕著な業績向上が認められる企業に授与されるデミング賞(実施賞)を受賞。お客様への品質とその向上を第一に考えた企業活動への評価を得るにいたった。

1990年創業100周年記念ケビンローチ講演会開催

創業100周年記念ケビンローチ講演会の写真

1989(平成元)年12月10日、創業100周年を迎えたイトーキ。それに先駆け、10月に生きたかたちのオフィス環境を紹介すべく、大阪ニューオフィスギャラリーをオープンした。さらに1990(平成2)年8月には、イトーキ発祥の地である平野町2丁目にある通称平二ビル2階に史料館を開館。こちらでは、初期のカタログやゼニアイキなどのオリジナル製品を展示し、創業時から変ることない企業理念が感じられる場となっている。また、100周年記念講演会では、建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞したケビン・ローチ氏を招くなど、ニューオフィスをさまざまなかたちで提案することで、オフィスづくりのパイオニアとしての存在感をアピールした。

1990年「イトーキ ニューカラープログラム」を発表

「イトーキ ニューカラープログラム」のイメージ写真

1980年代半ばまでフォルムと機能を優先してデザインされてきたオフィス。そこにもうひとつのデザインすべき要素として、色彩が認識され始めた。そこでイトーキは、自動車メーカーなどのカラーシステム開発を手がけてきたクリノ・カステッリ氏が主宰するCDM(カステリ・デザイン・ミラノ)と契約。オフィスファニチュアにおけるカラーコーディネイトの三要素として色彩・素材・仕上げのカラー体系として「イトーキニューカラーシステム」を発表した。1990(平成2)年にはカステッリ氏の講演会を催すとともに、カラーシステムを採用したアソートライン、バーテブラチェア、シンラインキャビネットなどを展示し、カラーのイトーキをアピールした。

1999年PR誌「ユーデコスタイル」創刊

「ユーデコスタイル誌」のイメージ写真

1974(昭和49)年に「OFFICE LIFE」、1987(昭和62)年に「OFFICE AGE」を創刊するなど、常に多角的な視点からオフィス論を啓蒙してきたイトーキ。人が主役の環境づくりを実践していくための21世紀のコンセプトとして掲げた「Ud & Eco style」のメッセージを伝えるべく、1999(平成11)年に「ユーデコスタイル」誌を創刊しました。創刊号では「ユニバーサルデザインの7つの原則」の提唱者の一人であるイレーン・オストロフ氏に寄稿いただくなどし、2009年6月現在までに19号を発刊。ユニバーサルデザイン・エコデザインに関する最新情報の提供を行っています。

2005年(株)イトーキクレビオと(株)イトーキが統合し、(株)イトーキに社名変更

社名変更のイメージ

1890(明治23)年に大阪で創業した伊藤喜商店。1908(明治41)年に製造部門である工作部を設立し、1950(昭和25)年には工作部が株式会社伊藤喜工作所として独立。後に株式会社イトーキクレビオとして事務用機器・スチール家具の製造を行う一方、販売部門は株式会社イトーキとして長年歩んできた。その両社が2005(平成17)年に統合。創業からの「時代に先駆ける」という精神と「感動する価値」のさらなる探求を目指し、新生イトーキをスタートさせた。

2008年グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)受賞(LANシート)

グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)受賞(LANシート)の写真

今やあらゆる分野・領域で求められているデザインについて、日本で唯一の総合的な評価・推奨の運動として多くの人から認知されているグッドデザイン賞。イトーキは、2007年度にスピーナチェア、そして2008年度にLANシートがグッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞した。スピーナチェアでは座り心地を追求した新機構とエラストマー樹脂によるフィン構造が、LANシートは「二次元通信」という先進的なコンセプトと未来感あるデザインが評価され、イトーキの高い製品開発力を裏づけることとなった。

2017年iFデザイン賞2017金賞/レッドドット・デザイン賞2017受賞(フリップフラップチェア)

2017年iFデザイン賞2017金賞/レッドドット・デザイン賞2017受賞(フリップフラップチェア)

2016年に発売されたFLIP FLAP Chair(フリップフラップチェア)が、国際的なデザイン賞を受賞した。「iFデザイン賞」はドイツ・ハノーファーにある国際的なデザイン振興のための組織、インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)が1953年から開催する世界的に権威のあるデザイン賞。フリップフラップチェアはプロダクトデザイン部門で最高位の金賞に選出された。また「レッドドット・デザイン賞」はドイツ・エッセンのノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンターが主催する国際的なプロダクトデザイン賞。フリップフラップチェアのコンセプトやデザインの革新性、独創性が着目され、イトーキの高い製品開発力やデザイン性が世界的にも高く評価されるに至った。

『明日の「働く」を、デザインする。』 を日本橋から新発信。

『明日の「働く」を、デザインする。』 を日本橋から新発信。

イトーキは『明日の「働く」を、デザインする。』 を自ら実践・体感し、その経験価値をお客様への新たなオフィスづくりの提案へとつなげていくため、2018年秋に東京・日本橋の最先端オフィスビルへと移転します。新オフィスでは、社員一人ひとりが目的にあわせて働く場を自在に選択できるワークスタイルや、さまざまな社内外コラボレーションの促進アイデア、さらには心と体のコンディションを整え個人の能力を高める活動など、生産性と創造性を飛躍的に向上させる取り組みに全社をあげて挑戦していきます。自社のオフィス製品やサービスはもとより、AIやloTなどの先端技術も積極的に取り入れた、新たな働き方の実証実験から生み出される、さまざまな知見やノウハウを社会に向けて発信していきます。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑