化学物質の管理・削減

  • SDGs
  • 3:すべての人に健康と福祉を
  • 15: 陸の豊かさも守ろう

目的・考え方

化学物質の使用にあたっては、人への健康影響だけではなく、環境影響を最小化する事が国際的な合意事項となっています。イトーキグループは、安全と健康を重視したものづくりを進めるため、製品の開発・製造段階から使用・廃棄時までの化学物質の使用の最小化と適正管理、そして情報開示に努めています。

主な取り組みと成果

化学物質使用量の最小化と適正な情報開示

化学物質管理の基本的な考え方

イトーキグループは、開発から廃棄に至るまで、事業プロセス全体で化学物質管理に取り組み、継続的な改善を進めています。

  • 開発段階
    「イトーキ製品含有化学物質ガイドライン」に基づき、安全な製品設計に努めています。
  • 調達段階
    サプライヤーから対象化学物質のSDS(安全データシート)をすべて入手し、化学物質のリスクや対応内容の確認をしています。
  • 製造段階
    入手したSDSに基づき、化学物質の有害性や、化学物質を取り扱う場合の保護具の着用や曝露した場合の応急処置方法などを、取り扱い現場に浸透させています。また、外部への漏えいは絶対にさせないという考えのもと、運用面で注意を徹底するとともに、物理的にも防液堤を設置し、漏えい防止を図っています。
    さらに、PRTR(化学物質排出移動量届出制度)制度対象化学物質の使用量は、削減目標を設定して取り組むなど、化学物質の適正な管理と使用量の削減を徹底しています。
  • 廃棄段階
    製品ごとに適正な処理方法や施設を選定した上で、廃棄を実施しています。
  • PRTR制度
    人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質が、事業所から環境(大気、水、土壌)へ排出される量、および廃棄物に含まれて事業所外へ移動する量を、事業者が自ら把握して国に届け出をし、国は届出データや推計に基づき、排出量・移動量を集計・公表する制度。

化学物質の安全データシート簡易版による「見える化」

化学物質の安全データシート簡易版による「見える化」

人の健康への配慮

健康に配慮した素材を積極採用

シックハウス症候群、化学物質過敏症など、化学物質は人の健康に大きな影響を与える可能性があります。
イトーキグループは、化学物質に対する法的規制や日本オフィス家具協会(JOIFA)が定めたガイドライン
をもとに、健康に配慮した素材を積極的に採用しています。
木質材である合板、パーティクルボード、繊維合板(MDF)などは、ホルムアルデヒドの放散量が少ない「F☆☆☆(スリースター)」以上に切替え、さらに放散量の少ない「F☆☆☆☆(フォースター)」も積極的に採用しています。

また、米国の環境認証制度であるGREENGUARD認証についても取得を進めており、2020年12月時点では46製品がより厳しい基準のGOLD認証を取得しています。今後も、人の健康に配慮した製品の開発・設計を推進していきます。

  • GREENGUARD(グリーンガード)認証
    米国の環境認証制度。主に建材や家具等から放散される住環境に存在するVOC(揮発性有機化合物)について基準値を設定し、TVOC(総揮発性有機化合物)量にも上限を設定。通常の認証とGOLDとがあり、GOLDは通常より厳しい基準値を設定している。
F☆☆☆☆の素材を天板に使用した製品
F☆☆☆☆の素材を天板に使用したアフィーノ

F☆☆☆☆の素材を天板に使用したアフィーノ

GREENGUARD認証(GOLDクラス)を取得した製品
  • 2020年12月16日時点
インテント

インテント

ノットワーク

ノットワーク

レヴィチェア

レヴィチェア

アスベスト(石綿)への対応

中皮腫やがんなどの健康被害リスクが社会問題化した飛散性アスベスト(吹付け石綿など)については、2005年に当社グループ製品への使用状況を調査し、過去も現在も使用していないことを確認しました。
一方、非飛散性アスベストについては、過去に一部の小型金庫などに含有素材を使用していました。この非飛散性アスベストは、通常の使用状況では空気中への飛散の可能性は低いとされています。ただし、アスベスト含有素材を無理にはがしたり、折ったり、切断したりすると飛散することが考えられるため、ご利用いただいている皆様へは、こうした取り扱いを避けるよう注意を促しています。
また、お客様からお受けした間仕切・内装工事などで発生した、非飛散性アスベストを含有する既存仕上げ材・耐火被覆材の解体撤去の際は、法規制を順守し、石綿含有建材の適切な処理を行っています。

製品別アスベストの使用状況の詳細はこちら

適正な管理と使用量の削減

管理徹底と取扱量削減

イトーキグループは、各工場と製造系グループ会社で使用するPRTR対象物質を対象に管理の徹底と削減活動を行っています。
2020年度のPRTR届出対象物質(1t以上、特定第1種は0.5t以上)は、6物質を取り扱っており、各物質の届出内容は以下の通りです。
これら化学物質の多くは塗装ライン、接着ラインで使用されていますが、原材料メーカーから入手したSDSに記載された性状、成分を把握し、社内での取扱いおよびリスク管理を徹底するとともに、環境影響の少ない代替物質への変更や塗装ラインでの塗着効率の向上、粉体塗装への切替を行っています。

2020年度は、全社目標2015年度比6%削減(原単位)に対し32.9%削減を達成しました。これは、伊藤喜オールスチール㈱で実施した粉体塗装ラインの新設による1,2,4-トリメチルベンゼン、エチルベンゼン、キシレンの削減と、イトーキマルイ工業㈱で実施した塗料及びシンナーの変更によるエチルベンゼン、キシレンの削減、設備機器(スチール棚) の塗装工程での塗着効率の向上による1,2,4-トリメチルベンゼン、エチルベンゼン、キシレンの削減が大きく寄与しています。
今後も、技術的改善のノウハウを各拠点間で共有し、使用量の削減と適正管理に取り組んでまいります。

2020年度 PRTR調査結果
  • 集計範囲:イトーキ、国内グループ製造系4社(伊藤喜オールスチール(株)、イトーキマルイ工業(株)、富士リビング工業(株)、(株)イトーキ東光製作所)
  • 対象期間:2020年1月1日~2020年12月31日
工場 化学物質名 取扱量
(kg)
排出量 移動量
大気 公共用
水域
下水道 当該事業所の外へ
(廃棄物に
含まれて)
イトーキ
グループ
合計
エチルベンゼン 10,684 10,650 0 0 33.8
キシレン 22,675 22,608 0 0 67.1
臭素酸の水溶性塩 1,063 0 5.3 0 217
1,2,4-トリメチルベンゼン 3,640 3,627 0 0 12.8
トルエン 13,207 13,172 0 0 34.3
メチレンビス(4,1-フェニレン)
=ジイソシアネート
25,779 0 0 0 212.7
合計 77,048 50,057 5.3 0 577

イトーキの工場別・グループ会社別のデータは、こちらをご覧ください。

合併浄化槽導入による水質管理と漏洩防止

3つの製造部がそれぞれに独立して浄化設備を整備していた関西工場(滋賀)では、事業所全体における排水の水質管理が困難でした。そのため、2013年に事業所全体を包括する生活用水系の合併浄化槽を新設すると同時に、放流水路を一本化しました。厳しい環境規制で知られる滋賀県の定めた水質基準よりも、さらに厳しいイトーキ独自の水質基準を常時クリアする体制を整えるとともに、工場の排水処理設備の周りには防波堤を新たに設けるなど、工場排水に関する管理体制をさらにレベルアップさせました。
また、リスク管理の観点から24時間監視システムを導入。浄化・排水設備に異常が発生すると、無線で守衛室の監視盤と連動させ、ランプとブザーが作動するとともに、担当者には緊急メールが発信されるなど、異常発生時に即座に対応できる体制になりました。
478人槽と3製造拠点、1物流拠点の4つの拠点分を処理できる大きな排水処理設備ということもあり、2013年の導入以来、多数の方々にご見学いただいております。

排水処理設備

排水処理設備

排水処理設備の防液堤

排水処理設備の防液堤

排水処理設備

2020年度の成果と今後の展望

化学物質の管理・削減に向けて、取扱量を削減するのはもちろん、製造現場の従事者が取り扱う化学物質のリスクや緊急事態の対応方法を「見える化」するため、安全データシート簡易版の作成と、作業現場への掲示に取り組んでいます。
2019年度からは、緊急時対応テスト(1回/年)のプロセス評価の見直し(一文加えるから4Mでの評価)を行い人、設備、方法、材料それぞれの観点から評価する方法に変更しました。また、2016年に改正された安衛法リスクアセスメントの順次対応を行うと共に、2020年からの新たな取組として化学物質だけでなく毒劇物にまでリスクアセスメントの実施を行っています。

サステナビリティ
トップメッセージ
イトーキの価値創造
持続可能な社会の実現に向けて
E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
新型コロナウイルス感染症への対応
社外からの評価
ESGデータ集
GRIスタンダード対照表
カーボン・オフセットについて
サステナビリティレポート ダウンロード
サステナビリティレポートイトーキが取り組んでいる社会貢献活動や、それらの活動の前提となる考え方をご紹介します。

全ての報告書はこちら

Sustainable deveropment GOALS

SDGsとの関連について
本レポートでは、イトーキグループの環境・社会活動と、国際社会が2030年に向けて定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連について、「イトーキのCSR」に考え方を掲載し、各報告サイトでも示しています。SDGsについて詳しくは、国連広報センターのWebサイトをご参照ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑