GOOD DESIGN AWARD 2009

GOOD DESIGN AWARD 2009 受賞作品

10月1日(木)に2009年度グッドデザイン賞(53回)の結果発表があり、下記の2点が受賞いたしました。

準個室ユニット

準個室ユニット

準個室ユニットFXとは、入院患者の療養環境改善と病院の経営改善を同時に実現させるシステムです。
カーテンだけで仕切られたプライバシーの無い病室、又、収納場所や外部とのコミュニケーション手段が充分とはいえない病室に、 多彩なバリエーションが揃ったシステム家具とTV・インターネット環境などで構成された抜群の療養環境をリースにより御提供します。
病院側は初期投資が必要ない上に、本システムを導入した部屋に対して差額室料設定を行うことで、保険外収入を得ることができます。
患者サービスの向上と収益の向上という2つの難題を解決する画期的なシステムです。

審査委員評価コメント

高齢化社会に伴い、医療現場におけるサービスは複雑性、要求水準を増している。ところが従来の大部屋においてはカーテンのしきりだけであって、機能的に効率的ファシリティ利用しか考えられていなかった。都市型生活者でもある患者にはメディアへのアクセスも重要な要素だ。この準個室ユニットFXシステムは、患者を一人の都市生活者ととらえ、環境のパーソナライゼーションを助けているが、それが病院のサービスの質、イメージをも高める画期的なものである。昨今の社会背景を踏まえた新たな医療サービスのパイオニアとして高く評価する。

レクシブ

レクシブ

近年、オフィスコスト削減と同時にフリーアドレスオフィスのような新しい働き方に対し、個の能力を高める為の研修スペースの確保も企業の課題とされています。
「ネスタブル」「W1800mmの会議テーブルに3脚収まる」という2つの設計思想によりスペースセービングを実現しながら、ボリューム感のあるデザインと長時間着座でも疲労の少ない優れた座り心地を両立させました。
背には透過性を持つエラストマーを採用することでフィット感を向上させるだけでなく、ガラスを多用したような明るい空間にも調和、不特定多数な人が使用する場のチェアとして汚れの拭き取りなどのメンテナンス性にも配慮することを可能としました。

詳細はこちら

審査委員評価コメント

W1800mmの会議テーブルに3脚収まる」というスペースセーブを実現しながら、座り心地の良いしっかりとしたデザインを実現している。座面の後ろ側から見たデザインが美しく、背もたれの素材感と座面、脚部のバランスも優れている。

グッドデザイン賞の詳細についてはhttp://www.g-mark.org/をご覧ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑