プレスリリース

2023/01/27

ワーケーション効果は4週間持続!イトーキが瀬⼾内での実証実験結果を公開
職種別の3グループ24名が対象、計5回のアンケート結果から読み解く"ワーケーションがワーカーにもたらす 効果"とは?

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区、社⻑:湊 宏司)は、『瀬⼾内国際芸術祭2022』のパートナーとして、秋会期に社員24名が直島や豊島を中⼼にワーケーションの実証実験を⾏いました。
実証実験前後に計5回実施したアンケート検証結果より、瀬⼾内でのワーケーションは、仕事のパフォーマンスやウェルビーイング指標などに改善効果がみられ、それらの効果は4週間持続することが確認されました。本検証では、ワーカーにとって定期的にこのような機会を持つことは、仕事とウェルビーイングの両⾯でエネルギーを満たす機会となり、 企業に有益性をもたらす可能性が⼗分あることを⽰す結果となりました。

ワーケーションがワーカーにもたらす効果

調査ハイライト

1.仕事のパフォーマンスやウェルビーイング指標の改善効果がみられた。それらの効果は4週間持続。
2.クリエイター系の職種は「主観的幸福感」「⼼理的ストレス」「仕事での成⻑意欲」に、その他の職種では、「仕事での積極性」によりよい影響がみられた。
3.仕事のパフォーマンスは、⾏程の内容や働く場所の環境によって左右されると考えられる。

調査背景

2022年3⽉25⽇に公表された国⼟交通省の「令和3年度のテレワーク⼈⼝実態調査結果」によると、テレワークは感染症拡⼤以前の2019年では、⾃営業などを除く雇⽤型の就業者がテレワークを実施する割合は14.8%でした。しかし、202 0年以降、増加し続け2022年には約12ポイント増加し27%まで拡⼤しています。

今後、働き⽅が多様化していくなかで、選択肢のひとつとしてワーケーション導⼊を検討する企業が増加することも考えられます。

イトーキは、昨年、新たな働き⽅をデザインする姿勢や、アートをオフィスに取り⼊れた活動に共感いただき、瀬⼾内国際芸術祭2022のパートナーに選定されました。この機会において、"アートと⾃然"が融合した瀬⼾内でワーケーションを実施することによってもたらされる効果や持続性を検証するための実証実験を実施しました。

調査概要

・ワーケーションの事前事後の変化を観察するため、2泊3⽇(⼀部、3泊4⽇)のワーケーション体験を実施し、その前後に計5回のWEBアンケート調査を実施。
・検証には3グループ計24名が参加し、グループ毎に異なる⽇程・⾏程でワーケーションを実施。

〇実施時期|2022年10⽉
〇検証⼿順|事前アンケート:1回(1週間前)、事後アンケート:4回(直後・1・2・4週間後)
〇調査機関|調査委託先:株式会社TATAMI(https://www.tatami-design.jp/
〇実施場所|瀬⼾内国際芸術祭のメイン会場である直島と豊島を中⼼に実施
〇実施⾵景|

〇ワーケーションスタイル|
瀬⼾内の島々のサイトスペシフィック・ワーク(⾃然環境を含む)がもたらす⾮⽇常的な体験が、ワーカーにポジティブな影響を与えると仮説し、島々のアートに触れる時間を多く確保し、その間に⽇常業務を⾏うスタイルを採⽤。

〇参加グループ|

結果

1.成⻑意欲が実施前と⽐較して最⼤22%UP、⼼理的ストレスが最⼤38%DOWN。その他の効果項⽬においても実施4週間後でもベースラインよりも良い状態が維持。

⾃然に触れたことや質の⾼いアートを鑑賞したことは、88%の参加者が「仕事⾯」に良い影響を与えたと回答しました。⾃然に触れ⼼⾝をリフレッシュできたことや、アートからインスピレーションや刺激を受け取ったこと等が理由として考えられます。

体を動かす機会も、92%の参加者が「ウェルビーイング」に良い影響を与えたと回答しました。特定の要因ではなく、島での様々な体験の影響が積み重なって、ウェルビーイングの向上につながったと考えられます。

2.職種別にみると、クリエイター系の職種は「主観的幸福感」「⼼理的ストレス」に、その他の職種では、「仕事での積極性」によりよい影響を受けていると想定される。

主観的幸福感や⼼理的ストレスは、クリエイター系の職種(デザイナー等)の⽅がその他の職種と⽐べて、より良い影響を受けています。クリエイター職は、⽇頃から美術館に通っているなどアートへの関⼼・嗜好性が⾼かったことがよりポジティブな影響をもたらした可能性があります。

クリエイター職の⽅がその他の職種と⽐べて、ワーケーション後に、より⾃分の専⾨性を⾼めたいという成⻑意欲の向上がみられました。これはアート作品に触れたことで、⾃⾝のクリエイティブ活動へのモチベーションが⾼まったからではないかと推察されます。⼀⽅で、仕事での積極性はクリエイター職よりもその他の職種の⽅が、⼤きな向上がみられました。アートを観賞して、クリエイター職は専⾨性を追求しようと思うのに対し、その他の職種は、より新しく、⾯⽩いことに挑戦したいと思うようになるのかもしれません。

3.仕事のパフォーマンスは、⾏程の内容や働く場所の環境によって左右されると考えられる。

仕事のパフォーマンスが、実施直後に⼀時的に低下している傾向は、グループ毎の結果をみるとグループAが影響を強く受けていることがわかります。グループAでは働く場所が確保できていなかったことで、ワーケーション中に仕事がしづらかったことが結果に反映されていると考えられます。また、グループCは他グループに⽐べて、実施後に仕事のパフォーマンスをより⾼い状態で維持していることが⾒てとれます。グループCは、88%の参加者が、地域の⼈々との交流時間を充実させたことが、仕事⾯への良い影響になったと回答しています。

〇測定指標|
瀬⼾内でのワーケーション体験は、ワーカーの仕事とウェルビーイングの両⾯に影響を及ぼす可能性があると考え、「仕事のパフォーマンス、ワーク・エンゲイジメント、成⻑意欲、仕事での積極性、主観的幸福感、感情、精神ストレス」の7つの指標を設定した。

総括

・2泊3⽇(⼀部、3泊4⽇)のワーケーション体験を実施した結果、仕事のパフォーマンスやウェルビーイング指標の改善効果がみられました。それらの効果は、徐々にベースラインへ戻っていく傾向がみられますが、効果は4週間持続することがわかりました。

・効果は、⼤きなスケールのアートとそれにゆっくりと向き合える島の環境がもたらしたものであると考えられます。また、アートへの嗜好性が⾼いクリエイティブワーカーは、瀬⼾内ワーケーションの恩恵をより⼤きく受けることができると考えられます。⼀⽅、クリエイティブワーカー以外の職種には、仕事での積極性に⼤きな向上がみられ、新たなチャレンジに意欲的になる効果があると思われます。

・ワーカーにとって、定期的にこのような機会を持つことは、仕事とウェルビーイングの両⾯でエネルギーを充電する機会となり、定期的に取り⼊れた働き⽅は企業に有益性をもたらす可能性が⼗分あることを、本検証結果は⽰しました。

【調査担当者 髙原 良⽒のコメント】

COVID-19の流⾏が始まってから約3年が経過し、世の中の働き⽅は着実に変化してきました。企業⽂化やワーカーの価値観は⼀新され、遠隔コミュニケーション技術の発達なども重なり、今では働く場所に縛られない、より⾃由な働き⽅のオプションが企業に提供されています。本調査では、ワーケーションの活⽤が、ワーカーのウェルビーイングや仕事の活⼒を向上させ、企業のダイナミズムに繋がる可能性が⽰唆されました。今後、このような新しい働き⽅の活⽤がますます多くの企業に拡がると共に、本調査では、瀬⼾内のアートとクリエイティブワーカーとの親和性など、職種やプログラムによる効果の違いについても⽰唆されたことから、今後、⽇本各地で地域の特⾊を活かしたオリジナリティの溢れるプログラムや施設の開発が進み、多様なワークプレイスが⽇本中に拡がることを期待したいです。

株式会社TATAMI代表取締役/エルゴノミスト 髙原 良

ワークプレイス構築におけるコンサルティングやリサーチを担当。専⾨は、ワークプレイスとワーカーのウェルビーイングに関する研究。桑沢デザイン研究所 ⾮常勤教員、千葉県⽴保健医療⼤学 ⾮常勤講師。

株式会社TATAMI ホームページ|https://www.tatami-design.jp/



イトーキのワークプレイス事業について

株式会社イトーキは、1890年の創業以来、ミッションステートメントに『明日の「働く」を、デザインする。』を掲げ、オフィス家具、物流機器、ICT・映像音響機器、建材内装設備など幅広いラインアップでさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートしてきました。

コロナショック以降は働く空間全体を「働く環境」と捉え、ワーカーが"集合して働く"環境づくりのための製品・サービスのほか、在宅ワークや家庭学習のための家庭用家具などの"分散して働く"環境を支える商品、さらに企業の働き方戦略や働く環境整備のためのサーベイやコンサルティングサービスなどトータルで提供することで、あらゆる空間における「働く環境」づくりを支援しています。

本リリースへの
お問い合わせ先

株式会社イトーキ
CSR推進室 上原
TEL : 03-6910-3910

報道関係者
お問い合わせ先

株式会社イトーキ
広報IR部 近藤
TEL : 03-6910-3910
MAIL:itk-pr[at]itoki.jp
※[at]を@に置き換えてください。

※掲載されている情報は、発表時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑