プレスリリース

2021/07/01

【新製品】開放的な空間を演出する、ダブルガラススライディングウォール『DERDA(デルダ)』を発売

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗)は、ガラス面を最大化し、ひらく・仕切る・どちらも開放的に演出する、ダブルガラススライディングウォール「DERDA(デルダ)」を、7月上旬より発売します。

derda

derda

働き方の変化に伴い、パーティションは空間を単純に"仕切る"使い方から、用途に応じて空間を"創る"使い方にシフトしてきています。そこでイトーキでは、近年需要が増加しているガラスパーティション市場に向け、利用シーンに応じた空間活用を可能にし、業界トップクラス(※1)の遮音性、スマートな操作性を実現した、ダブルガラスタイプのスライディングウォールを開発しました。
(※1)当社調べ

ひらく・仕切る・どちらも開放的に演出するDERDAの使用例

derda

主な特長

・デザイン性

スリムエキスバンドパネル

derda

仕切った空間のガラス面を最大化する為に、エンド部分のパネルのスリム化を実現。

・操作性

1. 床と天井をワンタッチで圧接

derda

新たにDERDAで設けられた圧接機構。
従来のハンドル操作は不要になり、前面にあるパネルに押し付けるだけで、上下をシールすることが可能に。

2. ガラスパネルにノータッチでリリース可能

derda

格納時には、新開発のアストラガル機構(指掛かり)が活躍。
ほとんどガラスパネルに触れることなく、パネルをリリースすることが可能。※特許出願中

3. 壁面調整も一瞬で

derda

これまで負担になっていたハンドルの回転操作が、DERDAで新たに採用したノーズ機構により、
ハンドルを180°回すだけで壁面調整が簡単に。

製品概要

製品名

DERDA(デルダ)

主な仕様
  • パネル厚:80 mm
  • パネル幅:750~1,150 mm
  • パネル高:2,300~3,000 mm
  • パネル重量(ガラスパネル):48 kg/㎡
遮音性能 ※通常施工
  • スタイル:ダブルガラスパネル
  • ダブルガラス:42.0dB/500Hz

※音響透過損失は実験室における測定値であり、ご採用頂く現場での保障値ではありません。

発売日

2021年7月上旬

製品ページ

ADREDシリーズ

DERDAはイトーキのパーティションシリーズADREDと上下枠の寸法体系を統一、両製品を組み合わせることで、デザインが調和した空間を実現します。

adred
製品ページ

イトーキのオフィス建材事業について

オフィス空間には機能にあわせたスペースごとの創造性、機動性、開放性などを高める内装設備が欠かせません。移動間仕切や可動間仕切、フリーアクセスフロア、耐震性の高い間仕切(減災建材)をラインアップ。高いデザイン性と優れた施工性・機能性を兼ね備えた製品で、様々な空間づくりに貢献しています。


お問い合わせ

株式会社イトーキ お客様相談センター
TEL : 0120-164177
受付時間:9 時~17 時
(土・日曜日・祝日・夏季休業日・年末年始除く)

報道関係者
お問い合わせ先

株式会社イトーキ 
コーポレートコミュニケーション部
高橋
TEL:03-6910-3910
MAIL:itk-pr[at]itoki.jp
※[at]を@に置き換えてください。

※掲載されている情報は、発表時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑