1. ITOKIトップ
  2. ホーム家具トップ
  3. 学習机・学習家具トップ
  4. イトーキ品質
  5. 子どもに良い学習環境とは
  6. 回転チェアの選び方

回転チェアの選び方

子どもが落ち着いて学習机に向かう、あるいは集中して学習するためには、回転チェアが重要な役割を担っています。

「お子さまのために、チェアを厳しく選びましょう」

考えれば気付く、身体を支えるチェアの大切さ
以前は、学習机のついでにチェアを選んでいる人が多くいました。
しかし、身体を直接支えているチェアこそ、注意して選ぶべきなのです。
「デスクのついでに買う」から「チェアをしっかり選んで買う」への意識改革
学習机を買いに行くという意識が強く、大きくて目立つ机に目が行きがちですが、チェアはおまけではありません。
むしろ、チェア選びの方が大切なのです。
「しっかり選んで買う」という意識で、きちんとチェックしながらチェアを選んであげてください。

安心、安全であること。

ダブルアーム(2本支柱)
ダブルアームの幅広い背もたれは、安定性が高く、様々な姿勢をとるお子さまの身体をしっかり安全にサポートします。

ダブルアームの背もたれ、シングルアームの背もたれ

ズレ止めクリップ
座りやすくするための足置きがずれてしまっては危険な場合があります。
ズレ止めクリップがしっかり固定するので、万が一お子さまが足置きに体重をかけても安全です。

ズレ止めクリップでしっかり固定

ゆったり脚サイズ(プロテクター付き)
重心を外れた姿勢をとっても、転倒しにくいように、ゆったりした脚サイズ。

ゆったりした脚サイズ

イトーキ学習チェアは安定性を重視した5本脚を採用しています。

大切なお子さまのからだを直接支えるチェアだから、安全性をなによりも大切に考えています。
安全性と機能性のバランスの取れた5本脚チェアの性能をご紹介。

安定性を重視した5本脚キャスター
脚まわりが広いピラミッド型

座面に比べて脚の幅が広くなっているピラミッド型の方が倒れにくい。特にお子さまが小さい時に使う場合、座面を高くし、床に足が着かない状態で座っているため、より安定性のあるチェアを使うことが大切です。

イトーキの回転チェアは5本脚チェアで広いピラミッド型
できるだけ脚を長くして安定感を確保

正しい姿勢で机に向かうには、チェアを机の下へ入れ込む必要がありますが、机下の有効寸法に対しては、5本脚のチェアの方が6本脚よりも長い脚にすることができます。

正しい姿勢がとれるまでチェアが机の下に入り、なおかつ、安定性を高めるために脚を長くするには、5本脚が理想的だったのです。

できるだけ脚を長くして安定感を確保
転がりにくい5本脚キャスター
各キャスターに荷重がかかることで安定

キャスターに荷重がかかることで、負荷抵抗がはたらきチェアが安定します。

キャスターにかかる荷重が足りないと、チェアが不意に動きやすくなって、注意が必要です。

各キャスターに荷重がかかることで安定

お子さまの成長に対応していること。

背奥行傾斜スライド調節機能
人間工学に基づいた背奥行傾斜スライド調節機能が付いているので、お子さまの成長に合わせて座面の奥行と背もたれの高さをワンアクションで、同時に適切な位置関係に調節できます。

背奥行傾斜スライド調節機能

着脱式足置き
子どもの足をしっかりと支えられるので、落ち着いて勉強に集中できます。
成長し不要になったら簡単に取り外せます。

上下に調節できる着脱式足置き

お子さまが長く座ってくれること。

機能的デザイン
大人が長時間座るオフィスチェアのノウハウを使い、人間工学に基づいて設計されたイトーキのチェアは長時間座っていても疲れにくいカタチです。さらに、機能だけではなく、お子さまに気に入ってもらえるように、「格好いい」「かわいい」を意識したデザインをしております。

「格好いい」「かわいい」を意識したデザイン

カラーバリエーション
ソフトレザー、ファブリック、木製のどの素材のチェアも豊富なカラーバリエーションを用意。
お部屋の雰囲気や、お子さまの好みに合わせてお選びいただけます。

豊富なカラーバリエーション

お子さまの身体のために、「良いチェア」を選んでください

イトーキの「回転チェア」ラインナップ