スクロールしてご覧下さい

スクロールして
ご覧下さい。

スピーナ

スピーナ

日本の心と美を宿した、
無意識の心地よさ

「背骨」を意味するその名が示すのは、人の背に寄り添い、支える機能性。
無意識のうちに最良の座り心地を体感することができる、
“もてなし”の精神に通じる心遣い。
日本家屋の柱や梁のバランス、格子から差し込む光など、
伝統的な美意識を感じるデザイン。
Spina(スピーナ)―それは、日本の心と革新性が融合した、
新たなチェアのあり方です。

座る人をもてなす、という発想

たとえば、上質な宿を訪れ、心づくしのサービスを受けたときの充足感。
決して主張せず、しかしきめ細かに行き届いた配慮は、
人の心に響いて満ち足りた時間をつくりだします。
Spinaに込めたのは、一人ひとりのからだに寄り添って迎え入れ、
心地よい余韻を残して送り出す―。
そんな日本が誇る“もてなし”の精神です。

迎え入れて・送り出すという快適性を生み出す機構

迎え入れて・送り出すという
快適性を生み出す機構

迎え入れて・送り出すという、快適性を生み出す機構

人をもてなす座り心地の根幹を成しているのは、Spina独自のふたつの 機構です。腰をおろすと同時にシートを背もたれの方向に引き込み、 着座位置を背もたれへと近づける「パッシブ・スライド・シート(P.S.S) 機構」。そして、着座と同時に背もたれのランバー部(腰を支える 個所)を前方に押し出す「アクティブ・ランバー・サポート(A.L.S)機構」。

このふたつが同時に機能することで、従来のチェアでは対応でき なかった「浅掛け」をも許容する画期的な座り心地を実現します。 どのように座ってもチェアが自ら動き、座る人の腰と骨盤をしっかりと 支えてくれる―。Spinaのもてなしとは決して抽象的なイメージでは なく、“座り方を問わない快適性”というその事実にあるのです。

座面と背の動き

座ると同時に「座面」が沈みながら後方に、「背」が前方にスライドして腰を迎え入れます。立ち上がる際には「座面」が前方にせりあがり、そっと送り出します。

人を支え、魅了するしなやかさ

たとえば、日本舞踊の「舞い」や「振り」に見られる、よどみない動きや美しい所作。
伝統を重ね、洗練されてきたそのしなやかさは、時代をこえて観る人を魅了します。
Spinaが有するのは、「エラストマー」という素材を用いた独創的な背面形状。
人の背の動きにぴたりと追従して動くその柔軟性と美観が、
チェアという舞台に新たな伝統をつくります。

“動き”を最大限に生かすための
素材とデザイン

“動き”を最大限に生かすための、素材とデザイン

横方向にはからだを包み込むようにたわみ、縦方向にも柔軟。人の さまざまな動きに合わせて変形し、ぴったりフィットする―。Spinaの大きな特長である背もたれのしなやかさを実現しているのは、プラスチックとゴムの中間的な樹脂であるエラストマーという素材です。

印象的な縦リブ形状のデザインを採用することで、からだへの接触が「面」でなく「線」となるため、樹脂特有のべたつき感への不安を払拭。さらに、背中との間に空気が流れて熱を逃がしやすいため、一般的なクロス+ウレタン素材のチェアよりも涼しいというメリットも創出しています。

機構への親和性とデザイン性を両立する素材の選択により、Spinaの顔となる唯一無二のカタチが誕生しました。

エラストマー素材

■エラストマー素材
機能性とデザインに優れた縦リブ形状
柔軟性・快適性を求めたエラストマー

人にやさしい、にとどまらない思想

たとえば、縁側から景色を望むときに感じる、暮らしと自然との一体感。
日本人は、古くから自然を慈しみ、自然と調和する生き方を重んじてきました。
Spinaに託したのは、私たちの暮らす環境そのものにも配慮したチェアとしての価値。
カーボン・オフセットの対象であることは、美しい環境を継承していく意志のあらわれです。

そのライフサイクルのすべてにおいて、
温室効果ガスをオフセット

Spinaは、原材料の調達から製造、輸送、そして役目を終え廃棄・リサイクルされるまで、全ライフサイクルを対象に発生するエネルギー量を算定し、温室効果ガスを100%オフセットしています。
全32機種、約600点もの部品、8次加工メーカーにまで及ぶ工数…。
かつてない快適な座り心地を実現するために、多くの工程を経てつくられるSpina。
その製造にまつわるすべてを徹底的に把握し、オフセットの対象にしているという事実が「100%」と言い切れる所以です。

環境負荷を低減するためには、製品に使用する部品自体を減らすという考え方も確かに存在します。しかし、Spinaのアプローチはそれとは異なります。
多くの部品を使いながらも、すべて責任を持ってオフセットすることで、人への配慮も、環境への配慮もいっさい妥協しないという信念のもとにつくられているのです。
ただ座っていただくことで実行できる、カーボン・オフセットという地球環境への大きな貢献。
それこそが、Spinaに込めた真の“やさしさ”という思想です。

Spinaのカーボン・オフセットについて


■Spinaのカーボン・オフセット算定対象範囲

カーボン・オフセット

あまねく人に、空間に調和する選択肢

モノトーンの配色が存在感を引き立てるエラストマータイプ、
佇まいに上質感際立つレザータイプ、感性をくすぐる鮮やかな八色のクロスタイプ。
素材でも、カラーでも選べる多様なラインナップが、
一人ひとりの個性や千差万別の空間にしっかりとこたえます。

> 全てのラインナップを見る