イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな環境づくりをサポートします。

ENGLISH

FIKA(フィーカ)

コミュニケーションを活性化。
今ある収納家具を活かした
マグネットスポットという考え方。

既存の中間収納に、天板や側板を組み合わせることでマグネットスポットを創り出していく、システム家具です。
新たにスペースを設ける必要はなく、収納量も既存のままキープ。解体・移設・組立ても容易です。
オフィス内の随所にマグネットスポットを点在させることができ、多彩なコミュニケーションが生まれます。

「FIKA(フィーカ)」とは、スウェーデンの言葉で、コーヒーブレイクのこと。
同僚や友人、恋人などと一緒にコーヒーを飲み、コミュニケーションの時間を設けるスウェーデンの生活習慣です。
職場でも午前と午後に1度ずつフィーカの時間を取ることが一般的です。

Concept

コミュニケーション活性化に必要な4つの機能を1つのシリーズで。

活発なコミュニケーションを実現するために、マグネットスペースには4つの機能が必要であると考えます。
それは、「あつめる( 人を誘引する機能)」「とどまる( 人を滞在させる機能)」「まじわる( 人と人を交流させる機能)」「わかちあう( 人と人が情報を共有する機能)」です。
フィーカはこれら4つの機能を1シリーズのなかにラインナップし、さまざまなコミュニケーションシーンを創出。「マグネットスポット」を点在させることができます。

Case Study

メイン通路の収納をマグネットスポットに

モニターの反対側には、書棚や掲示板が。おすすめの書籍や部署内の情報を掲示し、場に引きつける。

エンド部にはモニターを設置。さまざまな情報を掲示して、会話のきっかけを生み出す。

カウンター上の文具を使用し、ふと思い付いたアイデアを書き留める。

バーカウンターのように天板に体重をあずけて、コーヒーブレイクを楽しむ。

各セクションの間に設置した収納がコミュニケーションの場に

書類や文具を取りに来たときに出会った人と会話が始まる。

雑誌を閲覧するためにふらりと立ち寄る。

出張のおみやげのお菓子を食べながら出張の報告をする。

シッティングポジションでリラックスしながら雑誌を眺める。

H350のキャビネットの天板にクッションを配しベンチとして利用。

既存のシンラインキャビネットを活用する
システム家具です。

既存の収納(シンラインキャビネット)をインナーとして、天板や側板、幕板、配線ダクトなどのパーツを組み合わせていくシンプルな構成です。
シンラインキャビネットの豊富なラインナップを活用できるので、様々な用途に対応できます。

自席だけでない働き方へ。
オフィス内での健康活動を促進。

3つの高さの違いによるコミュニケーションが可能なフィーカは、自席に座りっぱなしの働き方から、立ち仕事やオフィス内を歩くといったワークサイズを促してくれます。

Standing Position
資料や雑誌、ノートPC等の閲覧や近くの人とのコミュニケーションに適しているスタンディングポジション。
High Position
テーブルに向かい合って1つの資料を共有するコミュニケーションに適しているハイポジション。
Sitting Position
リラックスできる休息姿勢に適しているシッティングポジション。

Scene

オフィスのあらゆる場所にマグネットスポットを。

※クリックすると、利用イメージを確認できます。

Lineup

両面タイプ

2連オール収納タイプ

2連オール収納タイプ

2連エンドカウンタータイプ

2連エンドカウンタータイプ

2連エンドモニタータイプ

2連エンドモニタータイプ

片面タイプ

2連収納タイプ

2連収納タイプ

2連収納タイプ ルーパー付き

2連収納タイプ ルーバー付

バリエーション

エッジ

背面仕様

テーパーエッジ

テーパーエッジ

肘へのソフトなあたりが特長。
自然に身体をあずけられます。

平エッジ

平エッジ

シンプルでベーシックなエッジ。
シャープな印象を与えます。

背面化粧なし仕様

背面化粧なし仕様(D450)

壁面に付けるなど、背を気にすることなく配置する際に適しています。

背面化粧仕様

背面化粧仕様(D550)

中間収納のように背面が見えるレイアウトに適しています。マグネットも使用可。また、配線を立ち上げることが可能です。

Option

サークルトレイ

サークルトレイ

お菓子などをのせるためのトレイ。お菓子をつまみながらコーヒーブレイク、というまさに“ FIKA”の時間を演出します。

ペンスタンド

ペンスタンド

スタンディングポジションでのちょっとした作業が発生した際に、その場ですぐに行えるようマーカーやステープラーなどのツールを備えておけます。

配線カバー

配線カバー

切り欠き部はカバーを外す際につまむだけでなく、ケーブル類をダクトから机上へ配線するときにも使用できます。

スタンドライト

スタンドライト

やわらかく周囲を照らす電球色の光が、執務スペースにはない雰囲気をつくります。カジュアルなコミュニケーションにぴったりです。