イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートします。

中文

English

HOME > お問い合わせ・サポート > よくあるご質問

よくあるご質問

この他のご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせフォームはこちら

カタログが欲しい

ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、お近くの販売店または弊社担当営業までご連絡ください。
担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かカタログ請求フォームからご請求ください。
お急ぎの場合は、デジタルカタログをご利用いただくのが便利です。イトーキホームページのカタログからご覧いただけます。

ページトップに戻る

鍵をなくしてしまった

イトーキ製品の合鍵のみ有料で作製いたします。ご注文はFAXにて承っております。
オフィス家具の合鍵作製から合鍵発注依頼書を印刷し、必要事項をご記入の上、FAXをお送りください。

詳細お問い合わせ先電話番号 : 03-3206-6017 【株式会社イトーキ スペアキー係】

ページトップに戻る

金庫が開かない

ダイヤルタイプの場合
もう一度操作手順通りに行ってみてください。目盛り合わせは慎重に行ってください。
目盛りを行き過ぎた場合は 、戻るのではなく、もう一度最初からやり直してください。
暗証番号が間違っていないか、再度ご確認ください。

それでも開かない場合は修理(有料)となりますので、「ご連絡をいただく前に」をご確認の上、ご購入いただいた販売店または
弊社担当営業までご連絡ください。担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

プッシュボタンタイプの場合
テンキーを押しても音がしない場合
電池が消耗していますので新しい電池と交換してください。テンキーボタンの下または横に電池ボックスがあります。
同じメーカーで新品の単3アルカリ電池4本全て交換してください。その後、通常の解錠操作を行ってください。
※電池の交換時期は、一日4~5回の開閉で年に一度の交換が必要です。
(正常に機能している場合でも、電池の交換は一年に一回行ってください。)
テンキーを押して音はするが、いつもと音が違う場合
下記のような場合は、暗証番号が間違っています。番号確認の上、再度操作手順を最初からやり直してください。
・暗証番号を押した後「ピピピピッ」という音が鳴る
・違った暗証番号を4回以上押した後「ピー」という音が鳴る
テンキーを押して正常な音はするが「カチッ」という解錠の音がしない場合
電池が消耗していますので新しい電池と交換してください。テンキーボタンの下または横に電池ボックスがあります。
同じメーカーで新品の単3アルカリ電池4本全て交換してください。その後、通常の解錠操作を行ってください。
※電池の交換時期は、一日4~5回の開閉で年に一度の交換が必要です。
(正常に機能している場合でも、電池の交換は一年に一回行ってください。)

それでも開かない場合は修理(有料)となりますので、「ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、ご購入いただいた販売店または
弊社担当営業までご連絡ください。担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページトップに戻る

金庫のアラーム音が鳴りやまない

シリンダー錠を解錠することにより止まります。

ページトップに戻る

金庫の暗証番号が分からなくなってしまった

プッシュボタンタイプの場合
納品時にお客様に暗証番号を設定していただいているため、弊社ではご案内できかねます。
技術の者がお伺いし、強制的に解錠する形になります。(有料)

ダイヤルタイプの場合
通常は、ダイヤル番号を変更してご使用いただくようご案内しておりますので、弊社ではご案内できかねます。
ただし、変更前であれば、イトーキ出荷当時のダイヤル番号をLOT番号(製造番号)より有料にてご案内できる場合があります。

それでも開かない場合は修理(有料)となりますので、「ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、ご購入いただいた販売店または
弊社担当営業までご連絡ください。 担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページトップに戻る

部品を購入したい

イトーキ製品のみ、よく使われる部材を追加でご購入いただくことができます。
ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、ご購入いただいた販売店または弊社担当営業までご連絡ください。
担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
製品によっては代替部品になる場合や、部品の供給が終了しているものもございますのでご了承ください。

代表的な取扱部品

チェアキャスター
キャスターは消耗品です。破損・異音等の異常が発生した場合は交換をおすすめします。
有料にてキャスターの交換ができます。床面にあったキャスターをお選びください。

  硬質床
(Pタイル・フローリング)
カーペット床
ゴム単輪キャスター ×
ナイロン双輪キャスター ×
ウレタン双輪キャスター
Pタイルのような硬質床でナイロン双輪キャスターを使用すると、キャスターが転がりすぎて転倒し怪我をするおそれがあります。
ゴム単輪キャスターもしくはウレタン双輪キャスターをお選びください。
ナイロン双輪キャスターを硬質床で使用されると、キズ・凹みが発生することがあります。
床面保護のため市販の保護マットの使用をおすすめします。
軟質塩化ビニール床で使用されると、床に含まれる可塑剤がゴム単輪キャスターのゴムやウレタン双輪キャスターのウレタン部を侵し、破損・色移り等の不具合が発生する可能性があります。また、ナイロン双輪キャスターで床面にキズ・凹みが発生することがあります。
ウレタン双輪キャスターのウレタン部は、使用環境により大きくばらつきますが、加水分解により自然に経年劣化します。
また、床面のワックス清掃時に使用される剥離剤によっても劣化が促進されますので早めのキャスター交換をおすすめします。

チェア張地
機種により、背・座ともにクッションごとの交換が可能です。
製品によって張地の色や素材が変わる場合がございますのでご了承ください。

引出し仕切板

キャビネット・保管庫などの棚爪(棚板を載せるフック)

ページトップに戻る

チェアの布地が汚れてしまった

手ではたくか、掃除機でほこりを吸い取ってください。
市販の洗剤などをお使いの際は、使用される洗剤の使用説明をお読みの上、ご使用ください。
汚れがひどい場合は、クッションごとの交換ができる機種もございますのでご相談ください。

ページトップに戻る

製品はどこで買えるの?

お客様相談センターにて承ります。折返し、弊社担当営業または販売店よりご連絡いたします。
ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、お電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。
また、オンラインショップでもお買い求めいただけます。(除外製品あり)

ページトップに戻る

使用中の製品が壊れてしまった

イトーキ製品のみ、有料にて技術の者がお伺いし、修理いたします。
ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、ご購入いただいた販売店または弊社担当営業までご連絡ください。
担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページトップに戻る

オフィス家具のレイアウトや見積もりを依頼したい

オフィスゲートまたは弊社担当営業が承ります。
ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、弊社担当営業までご連絡ください。
担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページトップに戻る

製品を実際に見てみたい

東京・大阪を中心に各拠点にショールームがございます。
展示製品、見学予約などお問い合わせは、各ショールームへ直接ご連絡ください。
ご覧になりたい製品の展示の有無については、必ず事前にお問い合わせください。
ショールーム案内はこちらをご覧ください。

ページトップに戻る

使用中の製品や金庫を移動・廃棄したい

移動につきましては有料にて承ります。
廃棄につきましては新規製品納入相当分の同種の既存製品をお引取りできる場合がございますが、
既存製品のみの廃棄をご希望の場合、イトーキは収集運搬、処分の許可を取得しておりませんので承ることができません。
不要となった製品の廃棄は、法令によりお客様が適切に処理する責任があります。
廃棄の際は、法令に従った適切な廃棄処理をお願いいたします。
ご不明な点は、弊社担当営業までご連絡ください。
担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご相談ください。

ページトップに戻る

使用中の製品を解体・組立・再設置したい

お客様での解体・組立・再設置方法はお客様の安全面と品質保証の面からご案内しておりません。
弊社にて有料で承りますので、「ご連絡をいただく前に 」をご確認の上、
ご購入いただいた販売店または弊社担当営業までご連絡ください。
担当者不明の場合は、お客様相談センターまでお電話かお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページトップに戻る

イトーキ製品の確認の方法は?

イトーキ製品には、型番等記載のシールが貼付してあります。ITOKIまたはJOIFA602でイトーキ製品であることが分かります。
(JOIFA602は、イトーキに対する(社)日本オフィス家具協会認定番号です。)CR-8461C-44などで品番が分かります。
シール詳細はこちら

ページトップに戻る