project.1 株式会社 ブリヂストン様 本社オフィス

チームワークとコミュニケーションが活性化するオフィス

株式会社ブリヂストン様は、「真のグローバル企業、業界において全てに断トツ」を実現するために、2012年、グローバル本社機能にふさわしいオフィス構築を決意。旧本社と同じ中央区京橋の地に新築された最先端のビルである「東京スクエアガーデン」に入居されました。

project.1 株式会社 ブリヂストン様 本社オフィス

株式会社ブリヂストン様は、「真のグローバル企業、業界において全てに断トツ」を実現するために、2012年、グローバル本社機能にふさわしいオフィス構築を決意。旧本社と同じ中央区京橋の地に新築された最先端のビルである「東京スクエアガーデン」に入居されました。

プロジェクト推進のコンセプト

企業理念やCSR「22の課題」を背景としながら、経営トップ層がグループ従業員に対して発信しているメッセージを重視。イトーキは、新本社の構築に際して「コミュニケーション」「チームワーク」「ボトムアップ」という3つのキーワードを踏まえ、新本社オフィス構築プロジェクトの推進に向けて「チームワークとコミュニケーションの活性化」をオフィスコンセプトに定め、機能や要素別に8つの主要テーマを設定しました。

具体的なプロセス

プロジェクトの成功のために、プロセスを6つのステップに分け推進しました。

具体的なプロセス

8つのテーマに基づいた、機能性や快適性、創造性を高めるための具体的な施策

01 レイアウト・デザイン

従業員が活き活きと働けるオフィス空間の構築

マネジメントを中心とした「濃密なチームコミュニケーション」と組織を横断する「幅広いコミュニケーション」が両立する高品質のオフィス空間を構築しました。

テーマカラーにより視認性を向上

テーマカラーにより視認性を向上

テーマカラーにより視認性を向上

1フロア1,000坪超という大空間のエリアを区分けするために3つのテーマカラーを設定。柱や家具・カーペットなどにテーマカラーを反映し、視認性の向上のみならず、空間にリズムを与え、親しみやすい空間を実現しました。

02 ICT

無線LANを基幹とするインフラだけでなく、基幹インフラと干渉しない公衆回線網も無線LANで展開し、海外からの出張者もフリーロケーションで執務できる環境を実現しました。

03 福利厚生

食堂は、朝昼晩の社員食堂としての活用にとどまらず、社内外のオープンミーティング、海外等からの出張者のタッチダウンオフィスなど多目的な用途を想定して構築しました。

04 環境配慮

エコピアの森・間伐材の有効活用、3Rの推進、エネルギーの見える化の実現、オフィスのエコ活動の徹底などさまざまな工夫を凝らしました。

06 従業員への展開

各部門の代表者を選出し、従業員自らがプロジェクトに関わることによって、より使いやすいオフィスをつくりあげました。

05 ブランディング

グローバル本社機能の表現として、世界各国の拠点が一覧できる「ワールドマップ」やタイヤをモチーフとしたレセプションソファなどで空間を演出しました。

07 セキュリティ

グローバル本社機能を支える高度なセキュリティ管理を実現するため、バーチカル&フロアセキュリティを展開、万が一の事態に備えた「在館者確認システム」の構築を行いました。

08 役員エリア

グローバル本社にふさわしいホスピタリティのある役員エリアを構築しました。

PICK UP PRODUCTS

会議予約システム

タッチパネルで直感操作。会議室の空予約を減らし、利用状況を見える化します。

会議予約システム

間伐材利用(Econifa)

Econifaの地域材活用ソリューションのしくみで、間伐材を食堂空間に活用。

間伐材利用(Econifa)

OTHER PRODUCTS

  • プロジェクトマネジメント(PM)
  • オフィス設計
  • 内装工事
  • AVシステム
  • サイネージ
  • 電力見える化配信システム等

VOICE OF CUSTOMER

コミュニケーションが活性化するオフィス構築の提案

当社は「真のグローバル企業、業界において全てに断トツ」という目標を掲げており、そのためにコミュニケーションが活性化し、チームワークがよりよくなり、ひいてはボトムアップな提案が次々と生まれるオフィスを構築したいと考えておりました。最初にイトーキ様からいただいたご提案は施策面はもちろんのこと、プロジェクトの進め方においても「コミュニケーション」「チームワーク」「ボトムアップ」という当社が重視するキーワードにぴったりなものでした。また、実際にプレゼンテーションしていただいた皆様の熱意も強く感じ、イトーキ様にプロジェクトマネジメントをお願いする運びとなりました。
2013年11月に本社を移転させた本プロジェクトでは、かなりいろいろなリクエストをさせていただきましたが、イトーキ様には全て応えていただきました。また納期を含めて無理難題を多々お願いしましたが、それらにも応えていただき非常に感謝しています。

株式会社ブリヂストン 総務部 総務・不動産管理 ユニットリーダー 伊月郷様

VOICE OF SALESPERSON

イトーキの総合力で対応

今回のプロジェクトは、ブリヂストン様新本社オフィス構築の約15カ月間のプロジェクトマネジメントを請負うパートナー決めのコンペが始まりでした。長期プロジェクトを一緒に進めていくにあたり、お客様のプロジェクトメンバーに対してイトーキプロジェクトメンバーの顔が見え、お客様に安心感と一緒に進めていきたいという思いを持っていただけたことが受託の大きな要因であったのではないかと思います。また、イトーキ東京イノベーションセンターSYNQAを新設して間もない時期にプロジェクトが始まり、お客様に何度もお越しいただき実際の提案内装・最新ソリューション等をご確認いただきながら、さまざまな議論が行えたことが、品質の高いオフィスを構築できたポイントの一つであると感じます。
プロジェクトマネージャー・デザイナー・営業だけでなく、社内の各専門分野のプロフェッショナルがまとまり、イトーキの総合力で対応することができ、お客様と密にコミュニケーションを取れたことが、この大規模プロジェクトを推進できた最大の要因であったと思います。

東京東支社 中央支店 営業 高橋伸幸

VOICE OF PROJECT MANAGER

ボトムアップ型のプロジェクト

ブリヂストン様新本社オフィス構築プロジェクトで大切にしたことはいかに「チームワークとコミュニケーションが活性化するオフィス」を具現化するかということであり、その検討の精度を高めるために、さまざまなサーベイ(分析・調査)を実施するとともに、8つのワーキングチームを構成し、各々のテーマに関連する部門の方々にも参加いただくボトムアップ型のプロジェクトを実施いたしました。結果として移転後、お客様満足度が大きく向上するなど、品質の高いオフィスが構築できたと感じます。
約15カ月にわたる大規模移転プロジェクトの大部分を常駐形式で推進させていただきましたが、結果としてお客様との密度の高いコミュニケーションを通じ、本質を掘り下げる議論がしっかりとできました。また移転先のビル関係者様、各工事会社様をはじめとする多くのステークホルダーともしっかりとベクトルを合わせられたことで、大規模プロジェクトを円滑に推進することができたのではないかと考えています。

FMソリューション企画推進部 PMソリューション企画推進室 室長 横溝信彦

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑