環境目標と2020年度の実績

環境目標の設定

イトーキグループは、中長期を視野に入れた環境目標を設定し、グループ一丸となってその達成に取り組んでいます。2019~2021年度の目標は、業務プロセスからEMSの課題を抽出し、リスクと機会を特定し、特定した課題のマテリアリティ分析を実施して環境目標を設定しました。目標は従来よりも絞り込んだ形で設定しており、より焦点を明確にした取り組みを展開してまいります。
尚、2021年度につきましては、中期経営計画との連動の観点から、計画を見直し、2021年を期首とする中期環境計画を策定いたしました。
これにより持続可能な循環型社会の実現に向け、引き続き活動を展開してまいります。

業務プロセスの課題抽出
業務プロセスの課題抽出
マテリアリティ分析結果(リスクおよび機会)
マテリアリティ分析結果(リスクおよび機会)

目標と実績

中期環境計画 全社環境目的・目標と実績

★★★ 100%以上  ★★ 80%以上100%未満   80%未満

全社環境目的 目標 実績 達成
状況
地球温暖化
の防止
サプライチェーン排出量(Scope1+2+3)
CO2排出量の削減
2013年比3.5%削減 ★★★
  Scope1+2 CO2排出量の削減 2013年比23.9%削減
  Scope1
事業活動による直接排出
CO2排出量(燃料)の削減
2013年比12.7%削減
Scope2
事業活動による間接排出
CO2排出量(電気)の削減
2013年比28.4%削減
Scope3-4
CO2排出量(輸送、配送)の削減
2013年比10.2%削減
生物多様性の
保全
環境配慮に関する製品や
サービスの拡充と販売促進
製品アセスメントの実施
グリーンガード商品の販売
★★★
資源の
有効活用
産業廃棄物の削減 前年度比1%削減
(原単位)
前年度比 15.2%削減
(原単位)
★★★
産業廃棄物リサイクル率 99.5%以上 リサイクル率 98.5% ★★
一般廃棄物の削減 前年度比1%削減
(原単位)
前年度比 10.7%削減
(原単位)
★★★
一般廃棄物リサイクル率80%以上 リサイクル率 98.9% ★★★
水使用量の削減 前年度比1%削減
(原単位)
前年度比 15.7%削減
(原単位)
★★★
有害化学物質の
管理・削減
PRTR制度対象化学物質使用量の削減
2015年比5%削減(原単位)
2015年比 32.9%削減
(原単位)
★★★
SDS一覧管理の実施100% SDS一覧管理の実施100% ★★★
汚染防止 排水基準(自主規制値含む)の順守 順守率100% ★★★
  • 2020年度よりCO2排出量データについてサプライチェーン排出量(SCOPE1+2+3)の数値にて公表しています。

過去の中期環境計画 全社環境目的・目標と実績

2019年度実績

マテリアルバランス

イトーキグループの事業活動におけるエネルギーおよび資源の投入量(インプット)と、活動によって生じた製品および環境負荷物質(アウトプット)を正確に把握し表すことは、その成果の評価と同時に次なる取り組みの指針となると考えています。

インプットとアウトプット(2020年度)

インプットとアウトプット(2018年度)

集計範囲

以下の事業所が集計範囲です。
イトーキ、国内製造系グループ会社(4社)、 国内非製造系グループ会社(8社)、海外製造系グループ会社(1社)

  • 廃棄物等総排出量(有価物含む)と水域への排出量については、海外製造系グループ会社1社は含まれていません。

測定対象と算出方法について

測定対象について

総エネルギー投入量 重油、軽油、灯油、ガソリン、LPG、購入電力、都市ガスの使用量
水資源投入量 上水、工業用水、地下水の使用量
総物質投入量 原材料、資材として投入する資源の量、コピー用紙、カタログ類の量
化学物質取扱量 年間1t以上取り扱うPRTR法届出対象物質の取扱量
CO2排出量 燃料、電力などエネルギー起源の二酸化炭素の排出量
NOx、SOx ボイラーなどの設備から排出される量。大気汚染防止法施行規則に規定する算出方法の推定値を算出
廃棄物等総排出量 有価物、一般廃棄物、産業廃棄物の量
リサイクル量 マテリアルリサイクル、サーマルリサイクルの量
焼却・埋立処分量 単純焼却、埋立処分の量
  • オフィス関連製品販売量は、株式会社イトーキの販売量となります。

CO2算出方法について

CO2排出量の算定については、「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」の「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数」に基づく値を採用しています。電力のCO2排出係数については、国内は各年度の「電気事業者別排出係数」の値を、海外はIEAの国別係数の値を採用しています。

サステナビリティ
トップメッセージ
イトーキの価値創造
持続可能な社会の実現に向けて
E(環境)
S(社会)
G(ガバナンス)
新型コロナウイルス感染症への対応
社外からの評価
ESGデータ集
GRIスタンダード対照表
カーボン・オフセットについて
サステナビリティレポート ダウンロード
サステナビリティレポートイトーキが取り組んでいる社会貢献活動や、それらの活動の前提となる考え方をご紹介します。

全ての報告書はこちら

Sustainable deveropment GOALS

SDGsとの関連について
本レポートでは、イトーキグループの環境・社会活動と、国際社会が2030年に向けて定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」との関連について、「イトーキのCSR」に考え方を掲載し、各報告サイトでも示しています。SDGsについて詳しくは、国連広報センターのWebサイトをご参照ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑