環境目標と2018年度の実績

環境目標の設定

イトーキグループは、中長期を視野に入れた環境目標を設定し、グループ一丸となってその達成に取り組んでいます。2016~2018年度の新目標は、業務プロセスからEMSの課題を抽出し、リスクと機会を特定し、特定した課題のマテリアリティ分析を実施して環境目標を設定しました。目標は従来よりも絞り込んだ形で設定しており、より焦点を明確にした取り組みを展開していきます。

業務プロセスの課題抽出
業務プロセスの課題抽出
マテリアリティ分析結果(リスクおよび機会)
マテリアリティ分析結果(リスクおよび機会)

目標と実績

環境中期計画 全社環境目的・目標と実績

環境目的 環境目標 2019年目標・施策 2018年目標値と実績 達成
状況
Ud&Ecoプロダクト・ソリューションの開発・普及 Ud&Ecoプロダクト製品の開発 Ud&Ecoプロダクト製品の開発 4件 Ud&Ecoプロダクト製品の開発の実施 4件 ★★★
地球温暖化の防止 CO2排出量の削減 2013年比2%削減 (2030年目標 2013年比30%削減) 目標 3%削減
実績 0.5%削減
(2015年総排出量比)
★★
有害化学物質管理・削減 化学物質使用量の削減 2015年比3%以上削減(生産高原単位) 目標3% 以上削減
実績23.1%削減
(2015 年生産高原単位比)
★★★
生産活動での化学物質リスク低減 生産現場の化学物質のリスクの見える化100% SDS入手100% ★★★
汚染防止 環境法規制順守 順守率100%継続 順守率100%継続 ★★★
資源の有効活用 産業廃棄物最終処分量の削減 前年比1%削減(売上高原単位) 目標リサイクル率99.5%
実績リサイクル率
イトーキ単体98.5%
イトーキグループ合計96.4%
★★
水使用量の削減 前年比1%削減(生産高原単位) 目標3%削減
実績29.7%削減
(2015年生産高原単位比)
★★★
生物多様性の保全 使用木材の樹種原産国・使用量の把握 カタログ掲載製品の使用木材実績把握と 公開(機種・原産国・使用量) 実績把握率100% ★★★
国産材の利用促進 (Econifa事業の拡大) Econifa製品の販売促進 国産材の利用促進(Econifa事業の拡大) Econifa製品の販売促進 達成率 126% ★★★

★★★ 100%以上  ★★ 80%以上100%未満   80%未満

過去の環境中期計画 全社環境目的・目標と実績

環境中期計画(2009~2012年度)

マテリアル・バランスの目的・考え方

イトーキグループの事業活動におけるエネルギーおよび資源の投入量(インプット)と、活動によって生じた製品および環境負荷物質(アウトプット)を正確に把握し表すことは、その成果の評価と同時に次なる取り組みの指針となると考えています。

主な取リ組みと成果

インプットとアウトプット(2018年度)

インプットとアウトプット(2018年度)

集計範囲

以下の事業所が集計範囲です。

  • (株)イトーキ
    • (株)イトーキ
    • 関西工場(寝屋川、滋賀チェア、滋賀キャビ)
    • 関東工場(千葉)
    • 設備機器(スチール棚)
    • 設備機器(電子商品)
    • 物流センター(全国8カ所)
    • エコオフィスサイト(全国15カ所)
  • 「エコオフィスサイト」とは、工場・物流サイト以外の事業所(主にオフィス)を指します。
  • 伊藤喜オールスチール(株)
  • 富士リビング工業(株)
  • (株)イトーキ東光製作所
  • イトーキマルイ工業(株)
  • 諾浩家具(中国)有限公司 Novo Workstyle (CHINA) Co., Ltd.
  • 化学物質取扱量(全体および個別)とNOx、SOxの排出量については、諾浩家具(中国)有限公司 Novo Workstyle (CHINA) Co., Ltd.は含まれていません。

測定対象と算出方法について

測定対象について

総エネルギー投入量 重油、軽油、灯油、ガソリン、LPG、購入電力、都市ガスの使用量
水資源投入量 上水、工業用水、地下水の使用量
総物質投入量 原材料、資材として投入する資源の量、コピー用紙、カタログ類の量
化学物質取扱量 年間1t以上取り扱うPRTR法届出対象物質の取扱量
CO2排出量 燃料、電力などエネルギー起源の二酸化炭素の排出量
NOx、SOx ボイラーなどの設備から排出される量。大気汚染防止法施行規則に規定する算出方法の推定値を算出
廃棄物等総排出量 有価物、一般廃棄物、産業廃棄物の量
リサイクル量 マテリアルリサイクル、サーマルリサイクルの量
焼却・埋立処分量 単純焼却、埋立処分の量
  • オフィス関連製品販売量は、株式会社イトーキの販売量となります。

CO2算出方法について

CO2排出係数については、環境省「温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」(2006年4月公表)に基づき算定しています。ただし、目標管理で用いる電力のCO2排出係数については、一律0.555t-CO2/千kWhで算出しています。製品の輸・配送に関するCO2排出量は、改正省エネ法(特定荷主)に準じた算出方法を採用しています。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑