環境パフォーマンス

目的・考え方

イトーキグループは、環境パフォーマンスを測定・管理するにあたり、総量とともに原単位にも注目し、より環境負荷が小さく、より効率的な事業活動に向けた継続的改善に努めています。

主な取り組みと成果

主な環境パフォーマンスデータ

CO2排出量と売上高原単位の推移

排出量と売上高原単位の推移

PRTR報告対象物質取扱量と生産高原単位の推移

PRTR報告対象物質取扱量と生産高原単位の推移

廃棄物等総排出量と生産高原単位の推移

廃棄物等総排出量と生産高原単位の推移

焼却・埋め立て処分量とリサイクル率の推移

焼却・埋め立て処分量とリサイクル率の推移

水使用量と生産高原単位の推移

水使用量と生産高原単位の推移

集計範囲について
  • (株)イトーキ、イトーキグループ国内製造系4社(伊藤喜オールスチール(株)、富士リビング工業(株)、イトーキ東光製作所、イトーキマルイ工業(株))。
  • 2014年度から、諾浩家具(中国)有限公司 Novo Workstyle (CHINA) Co., Ltd.を集計範囲に加えました。
  • 「エコオフィスサイト」とは、工場・物流サイト以外の事業所(主にオフィス)を指します。
原単位について
  • 生産高原単位:環境負荷量の工場合計 実績 ÷ 工場生産高(百万円)で算出しています。
  • 売上高原単位:環境負荷量のグループ合計 ÷ グループ売上高(百万円)で算出しています。
その他

「PRTR法届出対象物質取扱量」は、年間1t以上取り扱うPRTR法届出対象物質の合算値です。

数値の修正について

廃棄物の2013、2014年の総排出量および再生利用・熱回収量は、石膏ボードの計上漏れがあったため、上記2年分の数値を昨年度に開示したものから修正いたしました(2013年は646.5t、2014年は616.2tをそれぞれ追加)。

各拠点別の2018年度個別実績

画像をクリックするとPDFがご覧いただけます。

関西工場

関東工場

設備機器事業本部

関係子会社

測定対象および算出根拠については、環境目標と2018年度の実績 のページを参照下さい。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑