環境会計

目的・考え方

イトーキは、より効率的・効果的な環境経営を実現するために、環境保全活動への支出とその効果を定量的に把握・分析しています。

主な取り組みと成果

イトーキでは、より効率の高い環境保全活動を進めていくための指標として、環境活動にかかる投資額、費用額とその効果を集計しています。
2014年より国内非製造系グループ会社8社を集計範囲に含め、2015年以降は、国内製造系グループ会社4社を新たに含めました。
イトーキ単体とイトーキグループ全体の投資額、費用額を分けて掲載しています。

2018年度環境会計報告

環境保全への支出

2018年のイトーキグループ全体の投資額は215,356千円、イトーキ単体投資額は150,876千円で、2017年より増加しています。主な投資は、LED照明への変更、塗装ラインの更新等です。
2018年イトーキグループ全体の費用額は861,673千円、イトーキ単体費用額は459,599千円です。LED照明への切り替え費用が増加していますが、環境ISO維持活動費用が減少しており、費用額全体としては2017年と大きく増減していません。

環境保全コスト
(単位:千円)
分類 主な取組み イトーキ単体 イトーキグループ全体
投資額費用額 投資額費用額
事業エリア内コスト - 125,965 192,702 190,445 563,322
  公害防止コスト 水質検査機器の更新 9,746 66,279 9,746 92,595
地球環境保全コスト LED照明導入 116,219 97,568 116,219 98,083
資源循環コスト 廃棄物処理費用 0 28,855 64,480 372,644
上・下流コスト 廃棄物処理業者視察 0 774 0 18,746
管理活動コスト 環境ISO維持管理、環境ラベル取得、展示会出展、環境パフォーマンス等の監視、事業所内の緑化、リース資産減価償却費 0 196,523 0 209,426
研究開発活動コスト 環境負荷の低減に貢献する製品の設計・開発、新素材の研究・開発 24,911 69,321 24,911 69,900
社会活動コスト こどもイベントの参加、環境関連団体への参画、社会貢献活動の実施 0 279 0 279
環境損傷対応コスト - 0 0 0 0
合計 150,876 459,599 215,356 861,673
集計範囲

イトーキおよび国内製造系グループ4社((株)イトーキ東光製作所、イトーキマルイ工業(株)、富士リビング工業(株)、伊藤喜オールスチール(株))、国内非製造系グループ会社7社((株)イトーキマーケットスペース、(株)イトーキエンジニアリングサービス、(株)シマソービ、(株)イトーキ北海道、三幸ファシリティーズ(株)、(株)エフエム・スタッフ、(株)イトーキシェアードバリュー)

  • 2015年にグループ会社の合併があり、現在は非製造系グループ会社は7社となります。
集計期間

2018年1月1日~12月31日

参考にしたガイドライン

環境省「環境会計ガイドライン(2005年版)」

集計の考え方
  • 環境活動以外の内容を含んでいる投資・費用は、環境活動に係わる割合を 適切に按分して算出
  • 研究開発活動コストは、当社「環境アセスメントガイドライン」の基準にのっとり、開発テーマ毎に環境に係わる割合を適切に按分して算出
  • 環境配慮製品の計上は、環境配慮製品と非配慮製品との価格差が大きいハイブリッド車のみ差額を計上
環境保全効果

照明リニューアル等による運用改善等により、グループ全体のCO2排出量は前年度比765t-CO2を削減しました。
グループ全体の廃棄物総排出量は前年度比1642tの削減、グループ全体の廃棄物焼却・埋立処分量も前述どおり267tを削減しています。達成要因はイトーキ関西工場寝屋川製造部のBOXパレット、グループ会社である伊藤喜オールスチール(株)の木屑の有価物化等が挙げられます。今後もさらなる削減に向けて活動を進めていきます。

項目イトーキ単体イトーキグループ前年度比集計範囲
2017年度 2018年度 2017年度 2018年度 イトーキ単体 イトーキグループ
PRTR法届出対象物質 取扱量(t) 45 51 103 95 6 -9 イトーキ+4
NOX排出量(kg) 6.1 7.1 - - 1 - イトーキ単体
SOX排出量(kg) 0 0 0 0 - - イトーキ単体
CO₂排出量(t-CO₂) 18,537 19,139 23,676 24,051 602 375 イトーキ+10
廃棄物総排出量(t) 5,638 6,047 9,031 10,443 409 1,412 イトーキ+10
廃棄物焼却・埋立処分量(t) 21.8 91.2 294.3 523.5 69 229 イトーキ+10
産業廃棄物リサイクル率 99.6% 98.5% 98.0% 93.6% 1.1 1.4 イトーキ+10
事業系一般廃棄物リサイクル率 99.1% 98.3% 94.1% 92.9% 1 5 イトーキ+10
エコマーク登録商品数 14 14 - - 0 - イトーキ単体
集計範囲

「イトーキ+10」:イトーキおよび国内製造系グループ会社4社、海外製造系グループ会社1社※1、国内非製造系グループ会社5社((株)イトーキシェアードバリュー、(株)エフエム・スタッフはイトーキビル内に在籍しており、CO2排出量、廃棄物排出量はイトーキとしてカウントしているため除く)

※1 諾浩家具(中国)有限公司 Novo Workstyle (CHINA) Co., Ltd.を新たに集計範囲に加えました。

集計期間

2018年1月1日~12月31日

過去の環境会計報告

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑