ここで働く、私が選ぶ、スタイル自在

ワークスタイルを自在にデザインする

理想の働き方は人それぞれ違い、さまざまな答えがあると思います。ワーカーが自身の能力を最大化するためには、自由にワークスタイルを選べることが大切です。

イトーキは、自由な選択の先にある幸せのため、「ここで働く、私が選ぶ、スタイル自在」というコンセプトをもとにオフィスを提案していきます。

スタイル自在

仕事内容や体調、気分に合わせ選択する

PJ-work space

PJ-work space

Facilitation-work space

Facilitation-work space

Living-work space

Living-work space

Team-work space

Team-work space

Solo-work space(PJ)

Solo-work space(PJ)

Active-work space

Active-work space

沈思黙考

沈思黙考

Solo-work space(Team)

Solo-work space(Team)

自由な選択から、価値が生まれる

より高いアウトプットへ

ワーカーは自分流のスタイルで働くことで、より高いアウトプットを創出しようとしています。働くスタイルを自由に選択できる包括的な環境は、ワーカー1人ひとりのパフォーマンスを高めていきます。

チームのパフォーマンスを高める

ソロワークを行うための、高機能かつ集中できる空間、チームでディスカッションし、プロジェクトのクオリティを大きく高めるための空間…。チームのパフォーマンスを最大化するためには、タイプの違うさまざまな空間が必要なのです。

スタイル自在が、オフィスにおける多様性を実現する

オフィスにおける多様性

これからのオフィスに求められる“多様性”。それを追求するには、「自律性の発揮」「組織マインドの発揮」「個人の気持ちを整える」という3つをシンクロさせることが必要だとイトーキは考えました。
そして、それを実現するための方法として、スタイル自在というコンセプトにたどり着きました。

自律性の発揮

  • 個人が価値創造の最大化を達成するために選択できるスペースがある。
  • 最大の効果を得るために、ワークプレイスに高機能ツールを装備する。

組織マインドの発揮

  • オフィス内で他のワーカーとの距離感を最適化し、お互いに影響し合う。
  • 動線近くにコミュニケーションスペースを集中させ、組織の流動化を促す。

個人の気持ちを整える

  • リラックスすることでチーム内の交流を円滑化し、個人の集中力もとりもどす。
  • 創造的に働くため、1人で集中し、気持ちを整える。

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑