river viewer(リバービューワー)

インタラクティブサイネージシステム

インスピレーションをもたらし、
組織のクリエイティビティを高めます。

組織の中でオフィスワーカーは、よりクリエイティブな発想が求められます。そこで、新鮮な情報に出会えたり、新しいアイデアが生まれたりするような環境をオフィスの中に意図的に設け、ワーカー同士が情報を共有する仕掛けを施します。それにより、質の高いコミュニケーションが図れ、組織が活性化されます。

人を引き寄せるインターフェースデザイン

様々な情報がキューブに乗ってゆっくりと大河のように流れていく様は、ふと足を止めてみたくなるようなアイキャッチ効果があり、より多くの人に情報をプッシュします。流れるキューブには、オリジナルのドキュメントや、最新のトレンドやニュースなど、各種ウェブサイトから取得する情報を専用の編集ソフトで登録できます。

流れるキューブによる相キャッチ効果

見たい情報は簡単操作で直感的に

リバービューワーは、2つのインタラクティブデバイスをご用意しています。人の動きを映像と赤外線で認知する「ジェスチャーコントロール」と、誰でも簡単に操作可能な「タッチディスプレイ」を、その場所の用途や対象者に合わせて選択することが可能です。

ジェスチャーコントロールとタッチディスプレイ

詳細情報はダウンロードしてゆっくり閲覧

気になる情報は、LANシートを経由して、タブレット型端末にダウンロードすることができます。ダウンロードした複数の情報はサムネイル式に表示され、オフィス内の自席や近くのカフェなど、場所を変えて詳細情報をゆっくり閲覧することができます。

二次元LANシステム

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑