過去の記事からも学べます! 一覧に戻る
イイオンナノ作り方はイイ女から学ぶ!「味わいのある生き方」
Vol.6 澁谷 梨絵さん

OL経験の後、家業を継ぎ、お米屋さんとして再スタートを切るという180度の転換をはかった澁谷さん。持ち前の好奇心と直感、そしてバイタリティで、次々と自分の道を切り拓いてきました。


澁谷さんを突き動かすものとは一体、何なのでしょうか?

澁谷 梨絵さん

現在、お米のソムリエ「5つ星お米マイスター」、「雑穀エキスパート」として、ご活躍の澁谷さんですが、
最初は、お米とは全く関係のないお仕事だったそうですね。


―短大の英文科に在籍している頃から、お笑い好きが高じて、お笑い系イベントのお手伝いや楽屋掃除、チケットのもぎりをしていました。ある時、大学を卒業した方が、将来の可能性が広がるのではと思い立ち、関西の大学に編入し、卒業後は、SE(システムエンジニア)として就職しました。


SEとしての仕事は、午前1時まで仕事をして、そのまま焼肉を食べに行き、朝5時にお風呂に入るために自宅に戻り、また出社するというようなハードな生活でした。新しい事業の立ち上げにかかわっていたこともあって、楽しかったですね。でも、1年ほど経ってから、実家の父が体調を崩し、看病や家の手伝いが必要になり、退職して米屋を継ぐことにしました。

澁谷 梨絵さん

全く畑の違う分野でのお仕事を始められたわけですが、うまくいきましたか?


―会社を辞めた後、父の健康を考えて食するようになった雑穀ですが、なぜか「雑穀は売れる」という直感がありました。米屋をするんだったら、「雑穀」をやりたいと周囲に話していたら、たまたま、当時船橋のららぽーとのフードコートにお弁当販売の店として入らせていただくことができて、それが私にとって店舗経営のスタートとなりました。

ご飯を玄米か十穀米か選べて、おかずもヘルシーなお弁当で、絶対に売れると思って始めたのに、全然売れなくて。雑穀自体がまだ、世間に知られていない時期でしたから、浸透するには半年ぐらいはかかるとは言われていたのですが、当然売れると思って始めたので、売れない状況を想定していなかったんです。今、考えるとその根拠なき自信は、恐ろしいと思うんですけど(笑)。
だんだん口コミで広がり、開店して3ヶ月目ぐらいから、プラスになるようになってきました。1年間後には、残念ながら店舗改装のために撤退することになったのですが。

次は東京でと思い、プランタン銀座に勝手に資料を送りました。これも、なぜプランタンなのか、全く根拠はないんです(笑)。銀座で映画を観た後、パっと目に入ったのがプランタンだったという……。資料を送ったら、すぐにフードコートの担当者の方から、「一度、催事でやってみませんか」というお話をいただきました。この催事は、反響が良かったので、その後、実店舗でやらせていただけることになったんです。

澁谷さんオリジナルブレンドの雑穀を盛り込んだお弁当たち。OLさんたちに人気です。
1、ヘルシー地鶏の黒酢和え弁当
2、ネバギバ丼
3、お豆腐ハンバーグ弁当

世間にだんだん「雑穀」が知れ渡るようになってきたのですね。「雑穀エキスパート」としての活躍も、この頃からですか?


―プランタンに出店する直前に「雑穀エキスパート」という資格試験があることを知り、気楽な気持ちで受けたら合格。「雑穀エキスパートのいるお店」として、出店することができました。開店後は、雑穀を漢方のように、お客様の悩みに応じて雑穀をおすすめできたらと考え、「赤米は、冷え症にききますよ」などと、お客様に気になる症状をチェックしてもらって、それに合わせてブレンドするという試みを始めました。その後、プランタンも店内改装のため、閉店しましたが、現在は伊勢丹松戸店で「米処 結米屋(こめどころ ゆめや)」としてお米屋を、霞ヶ関と天王洲では雑穀米弁当を販売する店舗を運営しています。



従来の米屋のイメージを払拭し、「新しい米屋」を作りたいとおっしゃる澁谷さん。オリジナリティは、どのようにして生まれてきていますか?


―たとえば、お米を買うときは、OLの方の目線だったら「楽に炊ける方がいい」、「無洗米がいい」と、でも主婦の方だと「安心、安全」が一番大事という風に、同じ30歳でも視点が違うんですよね。私は、米屋の目線でしかものを見られないので、周りの人たちに意見を聞いてみたり、あるいは「こういう商品どう?」と持ってきてくれる、他の人の目線でのアイデアを大事にしています。

定期的にお休みも取れないほどお忙しそうですが、息抜きはどのようにされていますか?


―ストレスがたまると、夜寝る前にお笑いのDVDをよく観ます。また、急に予定が空いたりすると、1人で映画を観ることが多いですね。友人とは、休みのタイミングがあわないので、約束して会うということができないのが残念なのですが。忙しすぎて体調を崩したこともあって、それ以降は、意識して休養する時間を持つようにしています。でも何と言っても、笑うのが一番気持ちいいですね。



お笑い歴の長い澁谷さん。「笑う」ことは、どんな効果があると感じていらっしゃいますか?


―息抜きにもなるし、笑い自体に癒してくれる効果があると感じます。男性は、年齢を重ねてダンディになれるけど、女性は若くないで終わってしまいがち。でも女性も若さでは得られない経験と笑い(3枚目)の要素があればより会って話したいと思ってもらえる気がするんですよね。



年齢のお話になりましたが、女性は、30歳を“節目”と捉える人が多いのですが、澁谷さんは、年齢を重ねることについてはどのように感じていらっしゃいますか?


―29歳になってから、急に周りが結婚、出産ラッシュ。さらに30歳になる前にはあったコンパのお誘いがパタッとなくなり、これはなんていう現象なんでしょう(笑)。私も、20代前半の頃は、若さが一つの大きな利点だと思い込みすぎていて、年を取るのが怖いなと思っていた時期がありました。でも、30歳になった今は、この年齢なりの楽しさもあることに、気付けたような気がしています。



現在、20~30代の女性の5星お米マイスターは、全国でも澁谷さん、お1人だとか。今後は、どのような活動をしていきたいですか?


―女性で、この年齢でという今の私に求められること、私にしかできないことを大事にしていきたいと思っています。現在は、松戸市内の保育園に雑穀を納めてブレンドをしたり、小学校で出張教室をしたりするなど、お米や雑穀への理解を深めてもらう活動もしていきたいです。

最近は、お米も安売り合戦が激化し、農家ではお米を作れば作るほど赤字になってしまうのが現状です。今のままでは、農家もお米屋も共倒れになってしまいます。将来は、農家もきちんと利益を出せて、お客様にも納得していただけるお米を販売していきたいですね。ゆくゆくは、農家と提携して、一緒に「マイスター米」を作りたいとも考えています。また、百貨店でも、店頭精米するようなお店を持ちたいですね。

最後に。

あなたにとってイイオンナの条件は?


―たとえるなら「ミルフィーユ」を楽しめる女性です。薄いパイ生地の層を幾重にも重ねた焼き菓子の「ミルフィーユ」は、人生そのものだと思うんです。層が重なって厚みを増していくことで、どんどんおいしくなるのと同じで、人生も層が増えるほど、その分楽しくなる。年齢を重ねれば、お肌の老化も気になりますが、一層、一層の重なりを楽しんだほうが絶対に得だと思いますね。



澁谷さんオススメ
イオオンナノ雑穀ブレンド


■ 

キレイになりたい(美肌・老化防止)

ブレンド:[お米]2合 + [黒米][はと麦]各大さじ1
炊き方:水2合分 + 水大さじ4杯

* 黒米はポリフェノールとビタミンBが豊富。はと麦はカラダの代謝をアップ。


■ 

カラダがヒエヒエ(冷え性)

ブレンド:お米2合 + [赤米][ひえ]各大さじ1
炊き方:水2合分 + 水大さじ4杯

* 赤米とひえはカラダを中から暖めます。彩りもよく食欲をそそります。


■ 

オナカが気になる(整腸・消化不良に)

ブレンド:[お米]2合 + [押し麦][白麦][発芽玄米][ひえ]各小さじ1
炊き方:水2合分+水小さじ8杯

* 押し麦、白麦、発芽玄米、ひえで食物繊維をしっかり摂りましょう。


参考文献:エコマム2007年9月号(日経BP社)
http://www.nikkeibp.co.jp/ecomom

インタビュー/文 川崎あゆみ

イイオンナノ豆知識を読む
澁谷 梨絵さん

PROFILE

澁谷 梨絵 (しぶや りえ)さん
株式会社 シブヤ
代表取締役社長。
雑穀エキスパート、お米マイスター


1977年生まれ。SEとして勤務の後、家業である「米屋」を継いで現職に。現在、伊勢丹松戸店の「米処 結米屋」でお米の販売、霞ヶ関ビル3階と天王洲郵船ビル1階でお弁当の販売を行っている。「最近やっと米屋が楽しくなってきたし、誇りに思えるようになってきました」と澁谷さん。お笑いへの造詣も深く、短大の卒論も、「笑いが及ぼす影響」がテーマだったほど。


和デリ
http://wadeli.jp/

このページのTOPへ
  • だから私は決めました。カシコニ決メタワケ。
  • 実際使ってみてどう?ワタシノカシコ。

オンナノシゴト向上委員会