株主・投資家の皆様へ

平井 嘉朗

全社をあげて「働き方変革」を実践し
お客様への価値提供に展開していきます。

株主および投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。また新たに株主となられた皆様にも重ねてお礼申しあげます。

イトーキは、1890年(明治23年)に、大阪で伊藤喜商店として創業して以来、常に、社会に新しい価値をお届けするため、その時代の先端を切り拓き、新しい事業へ挑戦し続けることで成長してまいりました。

創業者である伊藤喜十郎の「世の中に既にあるものでなく、新しいものを提供し社会のお役にたちたい」という志を受け継ぎながら、社会から求められる企業として存続するために、「人も活き活き、地球も生き生き」という世の中の実現を目指しています。この実現こそが私たちの志であり、社会的存在意義と考えております。

私たちは、このような社会を実現するために、『明日の「働く」を、デザインする。』というミッションステートメントを掲げています。すべてのステークホルダーの皆様のあらゆる「働く」活動、ワークスタイル自体をデザインすることで、人と社会の豊かさを目指します。そして、常に未来の社会の「働く」について考え、ビジョンを描き、そこにつながる次なる提案へと挑戦を続けてまいります。

当社は、このたび2018年12月期から2020年12月期までを期間とする3ヶ年計画を始動しました。新中期経営計画は「働き方変革130」を掲げ、創業130周年を迎える2020年に向けて、収益性・生産性・創造性・満足度を向上すべく、全社をあげて「働き方変革」を実践していきます。

そして自社の「働き方変革」を通じて得られた知見を活かし、お客様への価値提供に展開していくために、全社を挙げて営業力を強化するとともに、商品開発プロセスの抜本的な革新を図り、マーケットに対して訴求力ある新商品をスピーディーに投入していく方針です。

また、近年の取り組みにより、収益性については一定の改善を果たしていることから、本計画では売上拡大を一層重視していきますが、費用低減努力を維持することで、利益の拡大にもつなげていきます。

私たちは、新東京オフィスへの機能集約を機に「働き方変革」への取り組みを加速し、2020年に向けて中長期成長の基盤を築き上げてまいります。イトーキによる価値創造へのイノベーションにご期待ください。

2018年3月
代表取締役社長

平井 嘉朗

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑