GOOD DESIGN AWARD 2015

GOOD DESIGN AWARD 2015

9月29日(火)に2015年度グッドデザイン賞の結果発表があり、「イプサ」「アクティブフィールド 折りたたみテーブルタイプ」が受賞しました。

イプサ

近年、ワークショップスタイルの研修も増えてきており、ミーティングチェアの使われ方も変化してきている。従来、人数の増減に対応するため、収納効率を優先的に考えられてきたミーティングチェアだが、長時間着座への改善の声が多い。イプサチェアは、収納効率を維持しつつ、オフィスチェアのロッキング機構を採用し、座り心地を向上させている。従来、座面下においてボリューム感のある大きなメカニズムで行っていた「背のロッキングと連動した座のスライド機構」を、新たに座面の中に納まるコンパクトなメカ機構を開発した事で、ネスティングができる軽快なミーティングチェアに搭載する事が可能となった。

イプサ

イプサ

審査委員評価コメント

ネスティングチェアでありながら、背のロッキング、座のスライド機構を有している点を評価したい。効率や低価格が求められるこの種のチェアにおいて座り心地、快適性を求め、収納性とともに両立した。会議が長時間化する傾向にあり、かつまた、可変的な空間の運用が求められる日本のオフィスのニーズに合致していると感じた。

アクティブフィールド 折りたたみテーブルタイプ

オフィスでの働き方は、シーンやフェーズによって常に変化しています。固定型のワークステーションでは、シーンごとに働く場所を移動しなければならず、人員増減の際にもレイアウト変更にコストと労力を要します。アクティブフィールドのコンセプトは“ 可動性”。目的に合わせて簡単に動かすことができるワークステーションが、変わり続ける組織の働き方にフレキシブルに対応します。執務席からミーティング、グループワークまで、さまざまなシーンに対応する幅広いラインナップで、オフィス全体を構成できます。 モデュールの統一と可動性により組織改編によるレイアウト変更や用途変更も容易。運用コストの低減も支援します。

アクティブフィールド

アクティブフィールド

審査委員評価コメント

脚頂部にラッチを差し込むカタチの機構部分の造形が単純で美しく、直感的な操作ができる点を評価したい。また、フラップテーブルでありながら、方向性(座る向き)を感じさせず、前後から使うことができ、個別のワークからグループワーク、ミーティングへのシーンを連続的に提供できる可変性を感じた。

グッドデザイン賞の詳細についてはhttp://www.g-mark.org/をご覧ください。

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑