ITOKIの魅力

「製品力」

Product

こだわりのものづくりは、責任ある品質の証。

新しい価値を生み出すものづくり。

イトーキの持つ、開拓精神が息づく独創的な製品開発力と先進性を突き詰めた高度なプロダクトデザイン。そこで生み出された製品たちは世の中に新しい価値を提供しています。

FLIP FLAP

FLIP FLAP [フリップフラップ]

"折り紙"というユニークな発想から生まれた独自のデザイン

姿勢に応じて3次元的に折れ曲がり、身体をサポートする機能性も先進的です。

詳しくはこちら

LANSheetR

LANSheetR [LANシート] ICT

ソリューションの先駆者となったネットワーク通信システム

有線LANと無線LANのメリットを融合し、シートにPCを置くとネットワークに接続します。

詳しくはこちら

Spina [スピーナ]

「今までにない製品を日本から」世界を驚かすオフィスチェアへの挑戦

「チェアが身体に合わせる」という心遣いから、かつてない快適性を備えた機構が生まれました。

詳しくはこちら

es [エスキャビネット]

シンプル、スマートを極めたスタイル。セキュリティと安全性を高めたキャビネット

すっきり美しいフラットなデザインと機能性を極めたキャビネットです。

詳しくはこちら

cassico [カシコ]

世界で初めて“働く女性”のために開発されたオフィスチェア

女性の身体的・精神的疲労を軽減する、女性スタッフが中心となって開発したチェアです。

詳しくはこちら

技術を活かした幅広いものづくり。

イトーキが長年培ってきた高度な技術を活かし、オフィス家具にとどまらず、内装建材や各種専門施設の設備機器など、さまざまな製品開発を行っています。

システマファインドピッカー

システマファインドピッカー

書籍貸出管理を無人化対応することを可能に

書籍の貸出や返却ニーズの高まる夜間などの時間外対応も可能にした自動書籍ピッキング装置です。

電動片引式遮蔽扉

電動片引式遮蔽扉

特殊扉業界をリードするイトーキの設計技術

それぞれの施設内環境、遮蔽要求に対し、さまざまなタイプの遮蔽扉仕様で対応しています。

システマストリーマーSAS

システマストリーマーSAS

驚異のサイクルタイムを実現した立体高速ピッキング仕分機

従来のスタッカークレーン型自動倉庫の5~8倍の高速入出庫処理を可能にします。

制震間仕切X

制震間仕切X

「減災」それは地震に備えてイトーキがたどり着いた答え

震度6強の揺れにも耐え抜くスチールパーティション。より安全で快適な室内空間をサポートします。

もっと詳しく

高品質にこだわるものづくり。

イトーキは、研究・試作・実験による豊富なデータ蓄積や、先進的なテクノロジーを駆使した高度な製造技術で、安心いただける信頼の品質をご提供しています。

大型製造設備を駆使し、効率的で高品質な生産を行っています。

大型製造設備

創業時から変わることのない「旺盛な開拓精神」「創意と工夫」によって、人と社会に貢献する高品質な製品をお届けしているイトーキ。多様化するワークスタイルの変化に合わせ、先端技術を駆使した画期的な製品を開発し、市場ニーズに的確に応えます。

  • 千葉工場
    千葉工場
  • 滋賀工場
    滋賀工場

佐藤 宏樹 ソリューション開発本部 プロダクトデザイン室

デザインにおいては常にユーザー視点を忘れずに――
観察から得られる気づきをデザインへ、グッドデザイン賞受賞製品も生んでいます

私がプロダクトデザインで一番こだわるのはユーザー視点です。アクティブラーニング用家具の開発では学生の方に、図書館用家具では図書館の司書の方に、入念なヒアリングをしたうえで、こだわるべきポイントを明確にして形にしてきました。携わった製品が世の中で使われているのを見るのはもちろんうれしいですが、開発段階で「これならいける!」というアイデアが生まれる瞬間にも喜びを感じます。イトーキは、開発製品の規模や社風として、個人の裁量に任される領域が広く、その分、責任もやりがいも感じます。また、ユーザーの声が届く営業部門と社内で連携できることも、ものづくりにおけるイトーキの強みです。これからも洗練されたデザインや柔軟なアイデアを追求し続け、多くの人の快適な生活へとつながる製品を生み出していきたいと思います。

竹谷 友希 オフィス商品開発設計部 第1チェア開発設計室

イトーキは、新しいものをつくるのに積極的な会社――
そのイトーキで、これまでのオフィス家具にはない新しい製品を開発するのが夢です

人間工学を学ぶ中でイスへの関心が高まり、昨年イトーキに入社しました。入社後、半年間はチェアの生産工場で、100を超える部品から成り立つチェアの構造を学び、今ではフリップフラップチェアの開発設計を行っています。形や音、感触など、チェアならば座ってみて初めて五感で確認できる情報がありますから、仕事では「現場・現物・現実」を大切にしています。自分が携わった製品が世に送り出されると、手がけた部分は外から見えなくても、感慨深い気持ちになります。
イトーキは新しいものをつくるのにとても積極的な会社。自分も今までのオフィス家具にはない新たなコンセプトや新しい使い方のできる製品を開発していきたいです。そのために、日々いろいろなものを観察し、デザイン、形、構造などから隠されたヒントを吸収するよう心がけています。

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑