イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートします。

  • カタログ
  • ショールーム
  • 企業情報
  • 代理店
  • 製品のご購入
  • お問い合わせ・サポート

中文

ENGLISH

  • 製品紹介 PRODUCT
  • ソリューション SOLUTION
  • ケーススタディ

HOME > 最新情報・ニュース > 人工知能学会全国大会にて日本ユニシスがイトーキとの共同研究を出展

人工知能学会全国大会にて日本ユニシスがイトーキとの共同研究を出展

このたび、5月30日(土)〜6月2日(火)の4日間 公立はこだて未来大学にて開催の「2015年度 人工知能学会全国大会」にて、日本ユニシス株式会社より、弊社イトーキとの共同研究である『知識創造活動を支援するオフィス空間の研究開発』をテーマに出展する運びとなりました。

研究背景

日本ユニシスとイトーキは、より高い創造性を発揮する近未来オフィス空間の構築を目的とした、協創的コミュニケーションを支援する仕組みの共同研究を開始しました。

展示テーマ

知識創造活動を支援するオフィス空間の研究開発ご紹介
   ~コモンセンス知識ベース・推論を応用した共通認識形成・発想支援会議室~

展示概略

日本ユニシス株式会社では、コモンセンス知識ベース構築,推論,ビジネス応用の研究開発に取り組んでいます。本展示では、会議やブレインストーミングにおける共通認識形成や発想を支援する会議室空間システムをご紹介します。本システムは、音声認識により会議中の会話からキーワードを抽出し、コモンセンス知識ベースを用いてキーワードの意味や性質を会議室の壁面やテーブルにリアルタイムに可視化することで、会議参加者間の共通認識形成を助けます。また、コモンセンス知識ベースに基づく連想・類推などの推論結果を可視化し、発想を支援します。また、議論の停滞⇔活発、論争⇔合意などの会議状況に合わせて可視化内容を適切に切り替えます。本システムは株式会社イトーキとの共同研究で開発しました。

システムイメージ

システムイメージ(※今回の出展ではテーブル展示はございません)

インタフェース画面イメージ

インタフェース画面イメージ

人工知能学会

人工知能に関する研究の進展と知識の普及を図り,もって学術・技術ならびに産業・社会の発展に寄与することを目的として設立された学会です。

開催概要

・名称
2015年度 人工知能学会全国大会(第29回)
・テーマ
Human Centric Innovation in Action
・日付
2015年5月30日(土)〜6月2日(火)
・会場
公立はこだて未来大学

※詳しくは2015年度 人工知能学会全国大会(第29回)ホームページをご覧ください。

関連情報

■ 日本ユニシス、イトーキ「近未来オフィスにおける協創的コミュニケーション」の共同研究を開始
 ⇒http://www.itoki.jp/company/press/2014/141110_unisys.html

※掲載されている情報は、発表時点の情報です。最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。