イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートします。

中文

ENGLISH

HOME > ソリューション > オフィスセキュリティ

オフィスセキュリティ

企業の経営資源を守るために、
リスクを分散・回避する

イトーキでは、企業の資産である「人・物・情報」を守るために、各種リスクの洗い出しにはじまり、その対策の立案、さらにはプライオリティに応じたゾーンセキュリティのコンセプトのもと、安心できるオフィス・プランニングを行います。

マイナンバーオフィスにも対応しています。お問合せはこちら。
オフィスセキュリティ

PROBLEM

オフィス環境のセキュリティ、このような課題はありませんか?

  • 部外者との打合せスペースから、パソコンのモニターが丸見えになっている
  • サーバールームの入退室の管理がされていない
  • 派遣社員が死角となる場所で、重要書類を取り扱っている
  • 重要書類を収納している収納庫の鍵がかけられていない
  • 保管資料がセキュリティ基準のもとに管理されていない
  • 個人情報が含まれる書類が、他の書類と一緒に廃棄されている

「レベル別に管理方法を構築する」ゾーンセキュリティ

オフィスでは、人の動きが重要です。その場所で働く人々はもちろん、他部署の人、社外の人の出入りもあるでしょう。オフィスのセキュリティを保つには人の出入りを制限する必要もあります。その第一段階としてのセキュリティプランが「ゾーンセキュリティ」です。公共性の高いゾーンから、機密性の高いゾーンまでオフィス空間を4つに分類。それぞれのゾーンで環境に応じたセキュリティ対策を行い、情報資産の安心・安全を守ります。

ゾーンセキュリティ

ZONE 1

公開ゾーン

敷地内、エレベーターホール、廊下といった、入居者・来客など誰もが自由に入ることのできるエリア。

ZONE 2

来訪者ゾーン

受付、ロビー、打合せスペースなど、目的を持った来訪者や許可された人のみが共同利用するエリア。

ZONE 3

内部ゾーン

オフィスの執務スペースや会議室など許可された入居者(従業員)のみが活動できるエリア。

ZONE 4

特定ゾーン

役員室や金庫室、サーバールームなど、内部ゾーンの中でも特定の重要情報資産を保管・設置するエリア。


オフィスのゾーン別 イメージ図※アイコンをクリックすると、対象の製品がご覧いただけます。

「不審者を入室させない」入退室セキュリティ「不審者を入室させない」入退室セキュリティ

「死角もしっかり見張る」監視セキュリティ「死角もしっかり見張る」監視セキュリティ

「出し入れまで管理する」収納セキュリティ「出し入れまで管理する」収納セキュリティ

入退室セキュリティをチェック
監視セキュリティをチェック
収納セキュリティをチェック
監視セキュリティをチェック
収納セキュリティをチェック
入退室セキュリティをチェック
収納セキュリティをチェック
監視セキュリティをチェック
入退室セキュリティをチェック
収納セキュリティをチェック

「不審者を入室させない」入退室セキュリティ入退室セキュリティ

オフィスの安全を守る上で、人の出入りの把握は欠かせません。許可された人だけの入室を許し、不審者は入室させないのが基本です。
イトーキが提案する入退室セキュリティでは、来訪者ゾーンへの入場にはICカード、さらに内部ゾーンへの入場には生体認証を利用。
また、特定ゾーンへの入場は2者の認証が必要というように、ゾーンのレベルが高くなるのに合わせてセキュリティレベルをアップさせることができます。

オフィスのエントランスに

オフィスの内部・特定ゾーンの扉に

クリスタルゲートタイプF

フレキシブルな運用が可能な新型フラッパーゲート。

カードエントランスシステム/MC

ICカードをかざすだけの入退室セキュリティシステム。

「死角もしっかり見張る」監視セキュリティ監視セキュリティ

オフィスのセキュリティを守るというとき、人が居る場所、通る場所だけを見張ればよいというものではありません。
「無人であるはずの場所」が安全管理の死角になっていないでしょうか。そのような課題を解決するのが監視セキュリティです。入退室や物品などを監視することで不審者の侵入を防ぎ、社員の不正行為の抑止にもつながります。
また、もしもの事態が発生した場合の原因の特定にも力を発揮します。

メインエントランスや重要物の収納場所に

マルチアイシステム

監視カメラの常識を変える。高画質のメガピクセルカメラ(5M)で360°フルアングルのハイビジョン録画。

ネットワークレコーダーシステム

「使いやすさ」「施工性」が進化した16chネットワークレコーダー。

デジタル監視カメラシステム D-TEG

960H対応CCTVカメラに対応した高画質デジタルレコーダー。

「出し入れまで管理する」収納セキュリティ収納セキュリティ

情報漏洩を防ぐには、人の出入りだけでなく社内で保存されている書類や備品の持ち出しを管理、制限することが重要です。
鍵を付けていても、鍵の保管場所や、出し入れを把握できなくては不完全です。そこで、収納セキュリティの強化として、収納庫の解錠権限の設定や履歴の管理などを行います。
既存のキャビネット用のセキュリティ対策もあり、文書や物品の重要度に応じた収納セキュリティを実現できます。

種類が多く、
面倒なカギの管理に

既存キャビネットのセキュリティを 高めるために

システマキーユニットⅡ

一時預かり機能を備えたICカード認証方式のセキュリティケース。携帯電話、カード、カギ束などの小物収納や一時預かり用として、さまざまな場所で機能を発揮します。

システマセキュアロック

既存のキャビネットに取り付けるだけでセキュリティキャビネットに変身!いつ誰が利用したかの履歴が残せます。

重要物を保管・管理するために

セキュアシンラインⅡ キャビネットタイプ

キャビネットごとにアクセス権を設定でき、多くの人が利用する収納物を安全に管理できます。

セキュアシンライン ロッカータイプ

扉単位でアクセス権を設定でき、不正解除を防ぎ、個人情報等をしっかり守ります。

マイナンバー制度に対応する、オフィスセキュリティ強化のご相談も承っております。

ご相談・お問い合わせ