イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートします。

中文

English

HOME > ソリューション > イトーキの地震対策

イトーキの地震対策
家具什器の転倒防止対策の重要性
イトーキ転倒防止ソリューション
家具什器の転倒防止対策
地震に強いオフィス
家具什器の転倒防止対策の重要性
地震による家具転倒の被害
収納家具の転倒
グラフ

東日本大震災では、家屋の倒壊や家具の転倒による被害が多数報告されています。
震災後、イトーキにも相当数の転倒家具営繕作業依頼が寄せられました。
内訳をみると約46%を収納庫が占めています。
地震時の家具の転倒を防ぐには、まず転倒リスクの把握が重要です。
そして壁・床への固定など適切な対策を講じることで、被害の拡大を軽減できます。

地震による収納家具への影響

オフィス内での地震による人的被害は、ほとんどが収納家具の転倒などに起因するものと考えられます。
オフィス家具への地震の影響は、転倒や落下による直接的な人的被害や避難通路を塞ぐなどが挙げられます。
・下敷きになる
・避難通路がふさがれる
・破損したガラスや収納物が散乱

地震による収納家具への影響
地震対策
地震による収納家具への影響

オフィス家具の転倒診断により、地震対策の基盤づくりをサポートします。
災害時の損失を最小限に食い止めるため、今ある備えにさらなる安心を。
イトーキ「転倒確率シミュレーション」により、最適な地震対策の基盤づくりをサポートします。

診断システムの流れ

※詳細は担当営業までお問い合わせください。

地震による収納家具への影響

■転倒防止金具

イトーキでは収納家具の転倒対策として、以下のような方法をご提案しています。

壁固定・床固定・免震スペース

※転倒防止の効果は、イトーキ専門業者による調査・正しい施工を行った場合のみ期待できます。正しい調査施工のもとにお使いください。

地震に強いオフィス

地震被害を軽減するオフィスレイアウトを検討します。
オフィス家具の転倒リスクを軽減するため、オフィス全体のレイアウトを見直し対策を考えます。
適切な対策を講じるためにも、まずは耐震診断を受けることをお勧めします。

このオフィスの地震対策のポイントは、15点あります。

オフィス
  1. 背の高いキャビネットは囲われたスペースに集中させる。背合せ連結、横連結等の相互連結を行う。 床固定、壁面固定を行う。重たいものは下段に収納し全体の重心を下げる。 コンクリート壁前に設置する。
  2. 中間置きの単体収納家具は背合わせに配置し相互連結を行う。床固定を行う。 中間置きの単体収納家具はなるべく背の低いものを選択する。 重たいものは下段に収納し全体の重心を下げる。
  3. オフィス内のキャビネットは人がいる方向に倒れない配置をする。
  4. キャビネットの上に物を置かない。
  5. 金庫は床固定、ズレ防止措置を行う。
  6. 室内のメインとなる避難経路は1.6m以上、その他サブ通路も1.2m以上確保する。
  7. サーバールーム内の家具の転倒防止、防水、防火等の対策を行う。
  8. コピー機や複合機は動線に配置せず、囲われたスペースに配置する。
  9. ローパーティションは直線状に長く配置せず、コの字型等の倒れにくい組合せにする。
  10. 動線の家具に関しては背の低い家具でも床固定を行う。
  11. 窓際に背の高い家具は置かない。 床固定を行う。
  12. デスクは相互連結を行ない、大きな塊として床固定を行う。 デスク下は人が入れるように空間をあけておく。
  13. 災害発生時にオフィス内でテレビ放送が見られるようにする。
  14. 防災備品を保管する場所を確保する。
  15. 災害発生時に緊急対策本部として使用できる部屋を設ける。
イトーキの耐震

イトーキは、独自の地震研究を行うため、業界で唯一の「振動試験室」を自社工場内に設置し、試験を実施しています。

イトーキでは、1978年の宮城県沖地震から今日に至るまで、継続してオフィスの地震対策の試験研究に取り組み、安心・安全のオフィスづくりを提案してまいりました。
未曾有の被害をもたらした、2011年3月の東日本大震災は、多くの尊い命を奪い、あらゆる企業・組織に甚大な被害をもたらしました。東日本地区だけでなく、首都圏でも多くのオフィスが被災し、その後の事業活動に多大な影響を及ぼしました。 私たちは、この東日本大震災での被害を踏まえ、また新たに地震に対する研究をスタートさせました。

自社振動試験室

自社振動試験室(滋賀工場)

振動実験(金庫)

振動実験(移動棚)

振動実験(パーティション)

今後も、継続して地震対策への研究に取り組み、安心・安全なセーフティオフィスの提案をし続けていきたいと考えています。
ご相談・お問い合わせ

PICK UP

▲ページTOPへ戻る