イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな「空間」「環境」「場」づくりをサポートします。

中文

ENGLISH

HOME > 企業情報 > 会社情報TOP > プレスリリース > Econifa®(エコニファ)新シリーズ 2012年1月より販売開始

プレスリリース
 
2011年11月

株式会社イトーキ 国産材の利用拡大に寄与するソリューション
Econifa®(エコニファ)新シリーズ
2012年1月より販売開始
~精密な加工が難しい針葉樹を独自技術と高いデザイン性で加工~

株式会社イトーキ(本社:大阪市城東区 社長:松井 正 以下、イトーキ)は、国内の森林整備を推進し、地産地消の国産材の活用に寄与するソリューション「Econifa®(エコニファ)」から、新たに「SEGHERIANO (セゲリアーノ)」「twimo(ツイモ)」「fk-frame(fk-フレーム)」「CH-Bench(CH-ベンチ)」の4シリーズを、 2012年1月より発売いたします。

 「Econifa®」は、森林の荒廃により深刻化している森林の機能低下に対して、温暖化の防止や国土保全、国産資源活用の観点から提供するエコソリューションです。日本の森林の大半を占めながら家具に向かないといわれる「針葉樹」を、イトーキ独自の技術により「洗練されたデザイン耐久消費財」として実用化し、森林の活性化によるCO2吸収量の増加と、まちでの木材利用によるCO2固定量の増加に貢献し、木材による上質な循環型社会の実現を目指します。
今回発売する新シリーズは、国内外の一流デザイナーを起用し、国産材の良さを活かすデザインを実現しました。イタリア語で「製材所」の意味を持つ「SEGHERIANO」は、製材所にキッチリと積まれた角材をモチーフに、むき出しの木口を表情に持たせたデザインです。「twimo」は、針葉樹の特質を生かしながら、モダンアートさながらの上品なスタイリングを実現しました。twimoは北米最大の家具見本市であるNeoConにおいて、best of NeoCon 2011 Editors' Choiceを受賞しました。伝統的な家具製作技法を用いた「fk-frame」は、国産集成材のフレーム構造で、木々にあふれる森林のやすらぎを演出します。さらに、best of NeoCon 2010 Innovation AwardやInterior Design誌 Best of Year 2010を受賞した「CH-Bench」のEconifa®版をリリース。CH-Benchは直方体という発想をすて、新しい空間構成を試みています。たった一つの形態から五角形や平行四辺形など、驚くほど多彩なレイアウトを生み出すことに成功しています。本事業において、初年度には1億5千万円の販売額目標を立てております。

 これまでもイトーキでは、環境にやさしい知的生産環境「エコワークプレイス®」の創造を通じ、地球温暖化防止への貢献を目指してまいりました。この度の国産材活用ソリューションEconifa®の新シリーズ発売により、今年11月に開始した「カーボン・オフセットサービス」と共に、低炭素社会に向けた多様化する顧客ニーズに対して、包括的なエコソリューションの提供を行ってまいります。

【イトーキのエコソリューション 「Econifa®」と、国産材・地域材の活用について】

現在、森林の荒廃によってCO2吸収量が減り、森林の機能低下が深刻化しています。その対策として、温暖化の防止や国土保全、国産資源活用の観点から、日本の森林を活用しようという動きが全国的に広がりつつあります。
昨年施行された「公共建築物等木材利用促進法」により、公共の建築物やそれに類する建築物は木質化することが求められています。さらに今年10月には、東京都港区で「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」が施行され、国産材・地域材の活用促進は、行政だけでなく、一般企業でも求められ始めています。

イトーキは日本の森林の大半を占めながら家具に向かないといわれる「針葉樹」を「洗練されたデザイン耐久消費財」として活用し、森林の活性化によるCO2吸収量の増加と、まちでの木材利用によるCO2固定量の増加に貢献し、木材による上質な循環型社会の実 現を目指します。また、今年11月より開始したエコソリューション「カーボン・オフセットサービス」を組み合わせることで、低炭素社会に向けた多様化する顧客ニーズに合わせ包括的なエコソリューションを提供してまいります。

Econifa®の特徴

  • 1 国内外の一流デザイナーが手がけた、洗練されたデザインテンプレート
  • 2 地元産の木材から社有林まで、日本全国お好みの産地の木を使える
  • 3 公共建築の木質化について定めた、木材利用促進法に対応した製造ソリューション

■イトーキ ソリューションウェブサイト「EcoWorkstyle.com」

Econifa®シリーズをはじめ、カーボン・オフセットサービス、エネルギーマネジメント、マテリアルマネジメント等、イトーキがご提供するエコソリューションについての情報を発信・提供しております。 URL: http://www.ecoworkstyle.com/

【国産材活用ソリューションEconifa® 新シリーズ概要】

Econifa®では、国産針葉樹スギ・ヒノキ・カラマツを主にご利用いただけます。それ以外にも広葉樹などの樹種に対応が可能です。また、今回のデザインは、数々の家具デザインを手がけてきたJeff Miller氏・清水慶太氏が担当しました。

Jeff Miller

イタリアBARELI社のトップデザイナーとしても活躍中。IDEA賞、I.D.Magazine賞、シカゴアシニーアムのGoodDesign賞など数々の受賞暦を持つ。

清水 慶太

2000年東京藝術大学美術研究科修士課程終了。2003年ミラノでの活動を開始し、クリエイティブノルムを設立。2006年帰国後は、横浜を拠点に家具、プロダクトデザインを手がける。グッドデザイン賞受賞。

■SEGHERIANO(セゲリアーノ)

イタリア語で「製材所」の意味を持つセゲリアーノ。無骨な木口を活かしたデザインで、どこか木の匂いを感じる製材所の静けさを表現してくれる製品。
ラインナップ
アームチェア/ソファ/センターテーブル/サイドテーブル/シェルフ/マガジンラック
仕様
国産材クロスラミナパネル

■twimo(ツイモ)

従来、針葉樹では不可能とされてきた脚部のフレーム化を実現させた製品。厳しい環境の中でも、天に向って成長する針葉樹のストレートさ、森や樹から感じる優しさや癒しを表現。米国でもトレンドとなりつつある、木製品のラウンジ空間をシリーズで構成できる。
ラインナップ
アームチェア(布張り・スケルトン)/センターテーブル/サイドテーブル/パーティション
仕様
国産材クロスラミナパネル

■fk-frame(fk-フレーム)

豊かな森をイメージした国産無垢材のフレーム構造を、伝統的な家具の製作技法(ホゾ接ぎ、組接ぎ)により、強固な構造体として実現したロビーソファ。座面にボリューム感を出したことによって、子供から高齢者まで安心して座ることができる。
ラインナップ
アームチェア/ソファ/中間肘付ソファ
仕様
国産集成材

■CH-Bench(CH-ベンチ)

直方体という概念を切り離し、国産材LVLを使用した幾何学的なデザインのベンチ・テーブル。自由自在に配置をすることができ、木のある空間を好みの形にデザイン可能。
ラインナップ
ベンチ/テーブル
仕様
国産材LVL
本件に関するお問い合わせ先
株式会社イトーキ ソリューション開発統括部 Ecoソリューション企画推進部/末宗
TEL 03-5566-7400  E-mail ecoworkstyle@itoki.jp