イトーキは、オフィス空間をはじめ、公共空間、専門空間、そして生活空間まで、人をとりまくさまざまな環境づくりをサポートします。

ENGLISH

HOME > 企業情報 > 会社情報TOP > プレスリリース > スピーナチェアのカーボン・オフセット認証を引き続き取得

プレスリリース
 
2011年12月

株式会社イトーキ
スピーナチェアのカーボン・オフセット認証を引き続き取得
―2012年も販売を通じて地球環境に貢献―

株式会社イトーキ(社長:松井 正)は、2010年にカーボン・オフセット認証を業界で初めて取得した「スピーナチェア」について2011年12月以降もカーボン・オフセット認証を引き続き取得し販売いたします。

カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2などの温室効果ガスの排出について削減努力を行い、それでも削減できない量を、他の場所で実施された削減・吸収活動から創出された排出権で相殺し、社会貢献するという考え方です。また、開発途上国で創出された排出権を利用することで、温室効果ガスの排出量を単に削減するだけでなく、実は国際援助にも貢献することができます。スピーナチェアは、全機種で原材料調達から廃棄・リサイクルまでのライフサイクル全般における温室効果ガスを全て算定。カーボン・ニュートラルな状態でお客さまに販売しています。

イトーキは、2011年に引き続き、2012年もカーボン・オフセット付スピーナの販売を推進し、環境貢献により一層取り組んで参ります。

■カーボン・オフセットの概要

・オフセットの対象

スピーナシリーズ全機種の原材料調達、生産、流通、廃棄・リサイクルの各プロセスにおいて排出する算定可能な温室効果ガスの全量。

後付オプション品およびカタログ掲載のないオプション品を除きます。
・対象期間下記認証期間に製造されるもの

(2011年12月1日-2012年11月30日)

・対象のCO2排出量

74.3-150.9kgCO2e

くわしくはSpinaスペシャルサイト:www.itoki.jp/spina/をご覧下さい。
・算定方法

対象製品の原材料調達、生産、流通、廃棄・リサイクルの各プロセスの温室効果ガス排出量について、資材・エネルギーの投入量に基づく温室効果ガス排出係数を用いて算定を行っています。

[]

Spinaはラテン語で「背骨」という意味。腰や背を常に支える機構を採用したことから命名。調整フリーでもワーカーの姿勢を最適にサポートする先進のオフィスチェアです。
2007年度グッドデザイン賞で金賞受賞。ほか海外アワードも受賞。

認証取得者 株式会社イトーキ
認証番号 4CJ-1100068

■カーボン・オフセットに使用する排出権

インド・カルナタカ州NSL27.65MW風力発電プロジェクト(国連認証番号0998)

排出権の種類 CER(Certified Emission Reduction)
実施国・地域 インド カルナタカ州/ タイプ 風力発電
概要 インド南西部におけるカルナタカ州において、再生可能エネルギーとして、 風力を利用することにより、温室効果ガスを排出せずに地域のエネルギー需要に貢献する。また、発電した電力はカルナタカ電源供給会社へ供給することにより電力不足となりがちな同州のエネルギー問題の一助となる。
-本件に関する報道関係者お問い合わせ先-
株式会社 イトーキ
ソリューション開発統括部 Ecoソリューション企画推進部/平野 ・ 河崎
TEL 03-5566-7400  E-mail ecoworkstyle@itoki.jp